2018年09月12日


VIC(ビク)です。


ちょっと前には資産が1億円超えた人、いわゆる「億り人」をたくさん生み出した仮想通貨。

私が尊敬する与沢翼さんは、仮想通貨で12億円の大成功を収めています!


あわせて読みたい以前の記事
新!秒速で1億円稼ぐ方法!与沢翼さんの魅力と仮想通貨


しかし、「仮想通貨のピークは過ぎた」という人も多い中、今でも稼ぐことは可能なのか、もう時代遅れなのか、毎月検証しています。



1 毎月検証する仮想通貨はこれ!

私は3種類の仮想通貨を購入しています。


あわせて読みたい以前の記事
見向きされない今こそ仮想通貨!VICが8月に買った仮想通貨!



購入した3種類の仮想通貨の評価損益は次のとおりです。

Screenshot_20180910-204822

〇ビットコイン(BTC)

2009年に初めて登場した仮想通貨です。
1番有名な仮想通貨ですね。
評価損益:-10.19%


〇イーサリアム(ETH)
スマートコントラクト、言わゆる契約情報を付加できる仮想通貨です。
評価損益:-59.02%


〇リップル(XRP)
送金速度が早く、銀行送金技術を担う可能性を秘めた仮想通貨です。
評価損益:-32.44%


3つの中で評価損益が一番良かったのは、
ビットコイン(BTC)ですね。
でも、マイナスです。

評価損益が一番悪かったもの、つまり割安となっていたのはイーサリアム(ETH)-59.02%ですね。




2 仮想通貨の購入は靴下の購入と同じ

投資の大原則は、「安く買って、高く売る」。


買いたい金融商品を割安な時に多く仕込むことが重要です

例えるなら、バーゲンセールになった時に靴下を買いだめするようなものです。


金融商品の買い方
靴下


購入する仮想通貨は評価損益が1番悪かった(割安であった)もの、つまり、イーサリアム(ETH)を1万円分購入します。



今後も継続して検証していきます。



いつもご覧いただきありがとうございます。
一日一回、ネコ顔をクリックしていただけると大変ありがたいです。
よろしくお願いします
にほんブログ村 株ブログへ

最新記事はこちらからどうぞ!






コメントする

名前
 
  絵文字