2018年10月08日


VIC(ビク)です。

  

私は、幼い頃から節約生活を送り、毎月の生活費を低く抑えることばかり考えています。

 

「生きていくのに必要ないものにはお金を払いたくない」と思っています。

 

 

だから、強制参加の飲み会の時以外はお酒も飲みませんし、たばこは吸ったことがありません。

 

 

お酒やたばこについて意識することはほとんどなく、意識する機会と言えば、

 

・ドトールやコメダ珈琲などの株主優待が使えるお店に行って、喫煙席しか空いてないと言われた時

・JTから株主優待や配当金をいただ来た時

 

くらいです。

今回、JTから株主優待をいただきましたのでご紹介します。

 

 

 

1 JTから届いた株主優待は2,000円相当の食品

 

今回、届いた株主優待は、こちら。

 IMG_20181006_172130

「自社および自社グループ会社商品(食品等)」です。

 

6月に権利を取得したJTの株主優待2,000円相当(200株)です。

カップラーメン6個とご飯5食分です。

 

 

他の個人投資家さんはもっと早く届いていたようで、「うちにはいつ届くんだ~」とちょっと心配していました。

 

 

そういえば以前、JTに関して、「隠れ優待」があるということを以前ブログにしました。

あわせて読みたい以前の記事

JTから隠れ株主優待!魅力は高配当&増配&株主優待だけではないようです


 

   

2 配当金と株主優待をあわせると総合利回り5%超え

 

JTとは、ご存知のとおりたばこの会社ですね

JTからいただける配当金や株主優待を金額換算してみると、本当に魅力的な投資銘柄なのです。

 

100株保有で年間14,000円もの配当金をいただけるほか、株主優待を年2回いただけます。

今回私がいただいたのは200株保有の2,000円分でしたが、100株保有ですと1,000円相当の株主優待を年2回いただけます。

 

合計すると、

 

配当金14,000円+株主優待1,000円+株主優待1,000円=16,000円

 

10月5日現在の株価2,941円で総合利回りを計算すると、5.4%になります。



3 利益も配当金も大きい投資家思いなJT

 

配当金や株主優待は企業活動で出た利益を元にしています。
ここまで利益を還元してくれる会社はありがたいですね


ただ、こんなに利益を還元していて会社がつぶれないのか、配当や株主優待をこれからもいただけそうなのか、心配になります。


 

ということで、JTの財務状態の主な内容等を確認してみました。
 

(2018年10月5日現在) 

1株あたり利益

219.1円

1株あたり配当金

140円

利益剰余金

2,625,111百万円

有利子負債

648,534百万円

 

利益の7割を配当金として出していますが、それでもなお利益剰余金がとても大きいですね

タバコを吸う人が日本では減ってきているので、海外の新興国で活路を見出しています。
また、タバコだけではなく様々な関連会社を傘下におさめてグループ全体で利益を確保しています。



ちなみに、JTのグループとしては、今回届いたパックごはんや「ホームラン軒」などで有名な即席めん、また、冷凍食品などを作っているテーブルマークという会社があります。

 

今回届いた株主優待は主にテーブルマークの商品です

  

 

こういった株をたくさん保有して、株主優待や配当金だけで生活を送りたいですね

ちなみに
抽選で当たった株主はJTグループ工場見学をさせてもらえますよ!

 IMG_20181111_195214 

 

関連記事です。

 

私は基本的には「つなぎ売り」で株主優待を取得しています。「つなぎ売り」はちょっとの手数料だけで、リスクを抑えて株主優待がもらえます。

 

【3つなぎ売りの方法】株主優待をこれから始める人のための株主優待の取得方法

 


私がとても気に入っていて、「つなぎ売り」ではなく、普通に現物株を保有している日本株の中で、お気に入りはこちらです。
 

 

VICが一番オススメしたい株主優待がもらえる株はこれ(はるやまHD)

 

これから一生、半年に1度ステーキを食べられる!?アトムの株主優待

 

  

いつもご覧いただきありがとうございます。

一日一回、ネコ顔をクリックしていただけると大変ありがたいです。

よろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログへ

最新記事はこちらからどうぞ!




コメントする

名前
 
  絵文字