2018年10月12日

 

VIC(ビク)です。

 

 

4月から新年度が始まり、半年が経ちました。

 

私が働いている職場では、前期の人事評価ということで、上司との面談があります。


一生懸命働いているのに評価されず、人事評価に不満があるという方もいらっしゃるかと思います。

 

普段の働きっぷりの評価は、ボーナスの額に影響してくるんですよね!

 

 

ボーナスが増えれば投資できる資金が増えますね。
そのためには人事評価を上げたい。
上司に評価されるためには仕事にどう取り組むべきか、参考になる情報がありましたので、紹介します。

 

 

 

1 人事評価で「上位5%」に入る人には共通点がある

 

9月14日の「マネー現代」で、「人事評価で「上位5%」に入った人たちの働き方「驚きの共通点」」という越川慎司さんの記事がありました。

 

人事評価で「上位5%」と言えば、まさにエリート!

将来、会社の幹部になるような方ですね。

 

そのような方たちには共通点があるというのです。

じゃあ、その共通点を自分の働き方に取り入れることができれば、上司からの評価も上がってボーナスも少し上がるかもしれませんね!

 

 

ちなみに、越川さんは、526社に対して「働き方改革の支援」を行ってきており、その経験を生かし、人事評価で上位5%を獲得する人の一部の方に対して、「どのような行動・働き方をしているか」について調査をしたとのことです。

 

 

 

2 これができれば「上位5%」になれるかも

 

それではその共通点はどんなものなのでしょうか。

 

(1)レスポンスの速さと無駄のなさ

 

社内外からのメールに、素早く反応するようです。

相手を待たせれば待たせるほど、その仕事の進捗は遅くなります。また、相手を待たせると、その分、相手の返信も遅くなります。

 

また、レスポンスの速さだけでなく、返信メールの内容に無駄が無いとのことです。

 

日ごろから、重要なメールを送る相手(上司や取引先)と密なコミュニケーションを取っており、メールに「お疲れ様です。」のひと言がないぐらいでは、どうこう言われるような関係にはとどまっていないのです。


これにより、仕事の余計なことに時間をかけなくてすむし、相手のリアクションも早くなり、仕事を迅速に回すことができるのです。

 

 

(2)動きながら考える

 

仕事を進めるにあたっては、「正確さ」と「速さ」が重要です。

「正確さ」ばかりを求めて「速さ」がなくてもだめですし、「速さ」ばかり求めて「正確さ」がなくなってもだめです。

 

しかし、「上位5%」に入る人は、「速さ」に重点を置いているとのことです。

 

止まって考える時間より、「動きながら考える」ようです。


となると、「正確さ」が少なくなるので失敗もしてしまいます。

しかし、その失敗の建て直しをすばやく行い、次の行動に活かして成功確率を高めていっているのです。

建て直しをすばやく行えるのも(1)で時間を生み出しているからですね。

 

 

(3)接点の多さ

 

社内外で自発的に人との接点を作っているとのことです。

それは自分の業務に関係する方だけでなく、異なる部門、異なる世代の人たちと、会議の場以外のところで「会話を増やしている」のです。

人との接点を作ることにより、直接自分の思いを伝え、仲間を増やし、人を巻き込んでいく。複雑な課題であればあるほど、一人の力では解決できないことを理解していて、多様な人たちとタッグを組み、スピード感をもってどんどん課題を見つけ解決していくのです。


たしかに、私の職場を見ても、社内で一目置かれている人は、とても人懐っこく、顔も広い方が多いです。

 


このような働き方をマネしようとしても、自分のもともとの性格的に難しいこともあるかと思います。

ただ、ほんの少しだけでも取り入れる気持ちだけは持って年度後半の仕事に臨みたいです。

 

 

関連記事です。

 

社内外の人と信頼関係を築くには、まずコミュニケーションをとることが重要です。

相手と時と場合に応じて話をするには、質の良い情報を普段から集めておかなければなりませんね。

 

仕事での雑談ベタを克服した賢い投資家にも必須な情報収集方法


 

人を多く雇って業務を分散させることや余計な仕事を簡略化するということが行われることなく、「働き方改革」という名のもとに残業代が削られています。

ある程度残業代をあてにしてローンを組んでいるような方も少なくないかと思います。

 

「働き方改革」で残業代が削られた人が今後やるべきこと


 

「上位5%」に入れれば高給は約束されたようなものですが、そうなるのが難しければ、このような方法で給料アップを目指すこともよいかもしれません。

 

昇進するより給料アップ!?資産激増のためにはこの方法もアリかも!


 

いつもご覧いただきありがとうございます。

一日一回、ネコ顔をクリックしていただけると大変ありがたいです。

よろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログへ

最新記事はこちらからどうぞ!




コメントする

名前
 
  絵文字