2018年11月02日


VIC(ビク)です。



10月は株価が大きく下げましたね。

日本株はもちろん、NYダウが短期間で大きく下げました。

10月頭は約27,000円でしたが、1ヶ月かんで約24,000近くまで下げました。

約10%の下げです。



ちょっと前まで米国株式が好調だったこともあり、米国株に投資していた方も増えていたかと思います。

私も資産の約4割をアメリカを中心とした外国株式として保有しています。



ということで、10月の私のポートフォリオの状況を確認してみます。




1 10月の金融資産は約807万円



私は、できる限りリスクを抑えながら資産を運用したいので、ポートフォリオ運用を行っています。



参考

ポートフォリオの作り方!利益を出し続けるVICのポートフォリオ運用



私の10月の金融資産の状況は次のとおりでした。



目標

割合

評価額

評価

損益*

現状

割合

日本株式

25%

2,070,000

5.3%

26%

先進国株式

25%

2,796,548

3.4%

35%

新興国株式

5%

343,535

-18.3%

4%

日本国債

15%

855,092

-0.2%

11%

先進国債券

10%

793,976

-3.1%

10%

先進国REIT

10%

734,078

4.1%

9%

その他

10%

476,579

-8.9%

5%

合計

100%

8,069,808

1%

100%


*取得価格に対する評価損益です。取得価格の記載は省略しています。



先月、金融資産が800万円を超えましたが、10月の株価暴落にも関わらず、なんとか800万を維持しています!

また、おどろくべきは評価益を維持していることです。
といっても、約1%だけですが。




その内訳を見てみると、先月と比べて先進国株式の評価益が小さくなるとともに、新興国株式の損が大きくなっています。


新興国株式の評価損益がここ数ヶ月間悪いままですね。




資産の推移も載せておきます。

chart


毎月、資産を買い入れるので、資産の大暴落が無い限り、右肩上がりになります。
10月は暴落がありましたが、先月よりは微増ですね。



ちなみにお見せしている資産には、現金・預金は含んでいません。




2 割安になっているところに投資する


先月10月も節約しまくって生活費を抑え、投資の資金を捻出しました。



投資のポイントは、「安く買って、高く売る」です。


そうです。金融商品を買うときは、



安くなっているもの=評価損益が悪くなっているもの



を重点的に買い入れます。


よって、今月重点的に買い入れるのは、1を見てお分かりのとおり、新興国株式ですね。




3 重点的に購入する金融商品は


具体的にどの金融商品を購入するか。



私は、以前新興国株式の投資信託から選定した「SBI・新興国株式インデックス・ファンド」を購入します。


また、ポートフォリオ運用とは何なのかを簡単に記事にしていますので、よろしければこちらもご覧ください。



参考

株主優待投資から一歩進みたい人に覚えてほしいポートフォリオ運用 1




関連記事です。


ポートフォリオ運用といえば、私たちの年金を運用しているGPIFです。メディアの偏向報道で運用成績が良くないイメージがあるかもしれませんが、ちゃんと利益を出しています。
私たち個人投資家もその運用方法には参考にすべきところがたくさんあります。

3ヶ月で約2兆円超の収益!個人投資家も参考にすべきGPIFの資産運用(2018年度第1四半期)



知る人ぞ知る、実はかなりおすすめのCFD投資。私もキャピタルゲインとインカムゲインの両方で儲けさせていただきました。


いずれもらえる配当金より今もらえる3万円!CFD投資により秒速で3万円ゲット


CFDと投資信託はどちらがおすすめ?VICの10月のCFD配当は〇〇円でした




いつもご覧いただきありがとうございます。
一日一回、ネコ顔をクリックしていただけると大変ありがたいです。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログへ

最新記事はこちらからどうぞ!



コメントする

名前
 
  絵文字