2019年04月21日


VIC(ビク)です。


自分で年金を運用するiDeCo。
その加入者が増えています。


最ちょっと自慢になってしまいますが、私はiDeCoでそこそこの利益を出しています。


どのような運用方法なのか、ご紹介します。


SPONSORED LINK




1 iDeCoのスイッチングとは


最近株式市場の調子が良くないですが、私がiDeCoで評価益を出し続けているのは、「スイッチング」をしているからです。


iDeCoの「スイッチング」とは、運用中の保有商品の一部または全部を売却し、ほかの商品を購入することです。


私が行っていた「スイッチング」の流れを説明しますと、



(1)まずは掛金で日本国債を購入
(2)先進国株式が割安になったら、
日本国債から先進国株式にスイッチング

(3)掛金で購入するのは日本国債から先進国株式に変更

(4)先進国株式が割高になったら、先進国株式から日本国債にスイッチング

(5)掛金で購入するのは先進国株式から日本国債に変更


これは、先進国株式を割安な時にだけ購入、割高になったら売却するということです。



(1)から(5)を繰り返して現在のような利益となっています。


(1)から(5)を繰り返すことでなぜ利益が大きくなるか、数字を使ってもう少し説明します。
(数字が出てくるので余計分かりにくいかもしれません。飛ばしてください。)

(1)まずは掛金で日本国債を購入
前提「基準価額:日本国債10,000円、先進国株式10,000円」


・日本国債の投資信託10,000円を100口購入

保有数量:100口

基準価額:10,000円

100×10,000円=1,000,000円



⇒資産:1,000,000円



(2)先進国株式が割安になったら、日本国債から先進国株式にスイッチング
前提「基準価額:日本国債10,000円、先進国株式5,000円」


・日本国債の投資信託1,000,000円分を全額売却。
 
外国株式の投資信託の基準価額は5,000円なので、200口購入。


外国株式投資信託

保有数量:200口

基準価額:5,000円

200口×5,000円=1,000,000円



⇒資産:1,000,000円



ここで、「(3)掛金で購入するのは日本国債から先進国株式に変更」しておきます。


(4)先進国株式が割高になったら、先進国株式から日本国債にスイッチング
前提「基準価額:日本国債10,000円、先進国株式10,000円」

・先進国株式は200口保有なので、資産は2,000,000円に増加。

 日本国債の投資信託の基準価額は10,000円なので、200口購入。


日本国債投資信託

保有数量:200口

基準価額:10,000円

200口×10,000円=2,000,000円



⇒資産:2,000,000円



(1)の状態でずっと持ったままだと、資産は1,000,000円のままなのが、スイッチングをすることで、資産が2,000,000円に増加する。



ここでまた「(5)掛金で購入するのは先進国株式から日本国債に変更」しておきます。


スイッチングには手数料はかかりません!


具体的にどのように操作するするか、私が使っている楽天証券の画面を使って、特に、先ほどの方法をお伝えします。




2 楽天証券での「スイッチング」の方法


(1)TOP画面から、確定拠出年金(iDeCo)画面を開き、画面下部の「保有商品の入替(スイッチング)」をクリックします。


1


(2)「保有商品のスイッチング(入替)(JIS&T)へ」をクリックします。


Screenshot_2018-10-11-07-58-43


(3)「売却可能な商品」の中から、売却したい商品の商品名をクリックします。


Screenshot_20181011-075515


(4)「購入可能な商品」から、購入したい商品の「選択」のところをクリックし、画面下部の「売却数量指定に進む」をクリックします。


Screenshot_20181011-075532
Screenshot_20181011-075544


(5)売却商品の「売却数量」の口数を入力し、購入商品の「数量指定」をクリックし、「申込内容確認に進む」をクリックします。


Screenshot_20181011-075605


(6)内容を確認し、「申込」をクリックします。




以上です。



いつもご覧いただきありがとうございます。
一日一回、ネコ顔をクリックしていただけると大変ありがたいです。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログへ


コメントする

名前
 
  絵文字