2018年11月06日


VIC(ビク)です。

今回、株主優待で高級ハムが届きました。


私は知り合いからお歳暮で毎年ハムをもらうのですが、ハムってどうやって食べればよいかいつもわからなかったのです。


目玉焼き?そのまま焼いて食べる?


クックパッドで調べてみると、お弁当とかおつまみとか、色んなレシピがあるようです。

今回せっかくなので、何か料理に挑戦したいと思い、丸大食品さんの株主優待を取得してみました。




1 届いた株主優待は3,000円分の高級ハム


今回、届いた株主優待はこれです。

IMG_20181104_201050

丸大食品さんの3,000円相当の自社製品です。
「煌彩(特選)」という高級ハムです。
「こうさい」と読むようですね!

Amazonや楽天市場で見ると3,000円ではなさそうな・・・。
いや、きっと種類が違うんですかね。




2 株主優待の取得にかかった費用は約820円


大黒天物産の株主優待の権利は、「つなぎ売り」という方法で取得しました。

株価変動のリスクを最小限に抑えて、株式売買の手数料だけで権利を取得できます。


「つなぎ売り」の方法は、画像付きでやり方を記事にした以前の記事でご確認ください。


あわせて読みたい以前の記事

「つなぎ売りの方法」

(特に3、4をご覧ください。)



じゃあ、手数料はいくらかかったのか。

SBI証券さんの計算方法に基づいて計算してみます。

(11月2日付け株価(1,859円)、優待取得の200株で算出)

(1)現物買い手数料

 270円(税込)


(2)信用新規売り建て手数料

 194円(税込)


(3)貸株料

 株価1,859円×200株×3.9%×9日分/365=約356円

・貸株料は土日祝日もカウントされます。

私はちょっと早めにつなぎ売りをやったので、9日分の貸株料となっています。


よって、(1)+(2)+(3)=820円

(売買のスプレッド等を考えるともう少し費用がかかるかもしれません。あくまで目安としてください。)



3 丸大食品の株主優待はお得!総合利回りはちょっと・・・


丸大食品さんから私がいただいた株主優待は、3,000円相当の高級ハムでした。

約820円の手数料で3,000円相当のものをいただけたので、とてもお得でしたね。


また、株を保有していただける配当金は100株で年間3,500円程度、200株だと年間7,000円のようです。

よって、200株保有の場合の総合利回りを計算してみます。

株主優待3,000円相当+配当金7,000円=10,000円分

株価が1,859円なので、200株だと総合利回りは約2.7%です。

決して良い利回りだとは言えないかもしれません。


しかし、普段買わないような贅沢品を株主優待として「つなぎ売り」のちょっとの手数料でいただけるのはうれしいですね!



関連記事です。


株主優待の選び方が気になる方は、優待名人桐谷さんオススメの株主優待を参考にしてみてください。


優待名人:桐谷さんのオススメ優待銘柄を発表!



今回のように大人気の株主優待は、「つなぎ売り」をしようとしてもすぐに在庫切れになってしまいます。必ず手に入れるために、日ごろからアプリでチェックしておきましょう。


「SBI証券 株」アプリがパワーアップ!調べやすくなった株主優待に関するお知らせ!



既に株主優待投資をやっている方も多いですよね。さらに一歩進みたい!だけどリスクも抑えたいという方はポートフォリオ運用を自分でやってみるものよいですよ。


株主優待投資から一歩進みたい人に覚えてほしいポートフォリオ運用 1



いつもご覧いただきありがとうございます。
一日一回、ネコ顔をクリックしていただけると大変ありがたいです。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログへ

最新記事はこちらからどうぞ!





コメントする

名前
 
  絵文字