2019年05月12日

海外ETF 購入手数料を抑える NISA



VIC(ビク)です。



私は、少ない給料から投資するためのお金を作り出すために、
・昼は弁当&水筒持参
・飲み会は基本不参加
・夜も自炊
・外食は基本、株主優待
などなど・・・

ということを続けています。


節約して貯めたお金を投資に回す。
私の資産は順調に大きくなり、現在1,000万円を超えています!

chart

参考:資産1,063万円!評価損益もプラス!ポートフォリオを紹介!(4月末)


資産運用といえば、株や投資信託!

ですが、私は
「海外ETF」での資産運用に力を入れています。



でも、自分のまわりにいる投資してる人に「海外ETF」って言っても、「何それ?」って感じなんですよね。



私にとって「海外ETF」の魅力は、インデックスなのに配当金があること!

インデックスの投資信託も悪くないですが、
「配当金だけで幸せな生活を送れるようにしたい」
という目的を達成するためには、「海外ETF」を中心に投資するのがよいと思っています。


ということで、今月購入する海外ETFを紹介します。

また、海外ETF購入の手数料を抑える方法をお伝えしますね!



このブログのポイント

1 おすすめしたい「海外ETF」とは

2 今月購入する海外ETF

3 海外ETFの手数料を抑える方法





1 おすすめしたい「海外ETF」とは



「海外ETFってあやしい金融商品?」と思う方もいるかもしれません。

大丈夫です。

大手ネット証券会社のSBI証券も取り扱っています。


海外ETF


海外ETFとは、


米国や中国、インド、ASEAN諸国等、海外の代表的なインデックス(指数)との連動を目指した海外の取引所に上場している投資信託(ETF)です。投資信託ではあるものの、市場に上場しているため、株式のようにリアルタイムで取引できるなどの柔軟性があります。

SBI証券サイト



まだ分かりにくいですね。
海外ETFをざっくり言うと、インデックス投資信託と似たようなものです。



んっ、でも違うんだよね?
そうです。異なる点は、次のとおりです。

海外ETF2

SBI証券サイト



海外ETFとインデックス投資信託どちらが良いかというのはなかなか難しいのですが、次のような違いがあるので、自分にあった方を選べばよいと思います。


・買付手数料

 海外ETF > インデックス投資信託


・保有期間中のコスト

 海外ETF < インデックス投資信託


・好きな時に売買できるか(売買のタイミング)

 海外ETF > インデックス投資信託


・簡単に売買できるか(売買の手間の少なさ)

 海外ETF < インデックス投資信託


・配当金があるか

 海外ETF > インデックス投資信託



私は多少手間がかかっても良いので、保有期間中のコストが少なく、配当金がある海外ETFへ優先的に投資しています。





2 今月購入する海外ETF



私には投資する際の「自分ルール」があります。



「割安ハンター」としては、
 

・毎月ポートフォリオの各資産の評価損益を確認して、
・「割安」になっている資産やポートフォリオで少なくなっている資産を購入対象とする


ということをルールにしています。



先月の自分のポートフォリオで割安になっているものは、

・日本株式 マイナス 1.4%

・新興国株式 マイナス 1.7%
・先進国債権 マイナス 0.7%


でした。

参考:
先月末の資産の状況



これらの中で、
・日本株式
・新興国株式
はすでにたくさん購入しており、ポートフォリオに占める割合がとても大きくなってしまっているので、購入対象外とします。

よって、購入対象は「先進国債券」。

「先進国債権」の海外ETFとして、今月私は「BND」(5月10日株価:1株80.97USD)を約10万円分購入します。

年明けから今月までの購入はこんな感じです。

1月 VWO(新興国株式) 21株
2月 VWO(新興国株式) 21株
3月 VWO(新興国株式) 20株
4月 BND(先進国債券) 11株
5月 BND(先進国債券) 12株



BNDは、bloombergによると、

経費率:0.04%
直近の配当利回り:2.97%

となっています。

ちなみに、ちょっと前にイレギュラーではありますが、「PFF」を購入しました。



海外ETFについてもう少し知りたいという方はこちらを見てください。

海外のETFなどに投資して、安全だけどきちんと配当をもらいながら資産を増やして行くための指針となることが書かれた本です。


Amazonで購入する



3 海外ETFの手数料を抑える方法



海外ETFの購入で問題なのは、1でお伝えしたように買付手数料が高いことです。

また、海外ETFはドルによる買い付けなので、ドルの購入にも手数料がかかります。


これらの手数料を抑える方法をお伝えします。


(1)NISA口座での購入で買付手数料を抑える


1でお伝えしましたが、海外ETFの購入にかかる手数料は、「約定代金の0.45%(税抜)」です。



たとえば、100万分の海外ETFを購入する場合は、4,500円も手数料がかかるということです。

投資信託であれば、買付手数料がかからないものが多い中、これは無視できるものではありません。


しかし、この手数料を抑えるというか、ゼロにする方法があります。

それは、NISA口座で海外ETFを購入するのです。


NISA

SBI証券サイト



(2)ドル積立でドルの購入コストを抑える

次に、ドルの購入コストを抑える方法です。

こちらについては、以前ブログにしましたので御覧ください。

参考:
【SBIユーザー必見】ドル保有状況、そして海外ETFのお得な買い方をブログで紹介!





以上です。

なるべく手数料を抑えて賢く資産運用したいですね。

今回の海外ETFは結構手間もかかりますが、参考にしていただけるとうれしいです。




関連記事です。

海外ETFの魅力はなんと言っても配当金!
給料以外に毎月お金がもらえるってうれしいですよね。
海外ETFからもらえる配当金はこちらをご覧ください。

配当金生活!株や海外ETFからもらった配当金は○円!


海外ETFもいいけど、やっぱりラクチンな投資信託も魅力はありますよね。
私も海外ETFが一番おすすめですが、投資信託も購入していますよ!

今月、積立購入する投資信託はこれ!インデックス投資信託の選び方も!




いつもご覧いただきありがとうございます。
一日一回、ネコ顔をクリックしていただけると大変ありがたいです。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログへ


コメントする

名前
 
  絵文字