2020年06月15日

仮想通貨 評価損益 BIT POINT



割安ハンター VIC(ビク)です。


今回は、「仮想通貨」に関する内容です。



私が保有する仮想通貨は約70%もの含み益となるものが出てきました。


一時期と比べると、仮想通貨に注目する方も多くないかもしれませんが、日経平均株価と比べて値動きが大きいので、うまくやれば利益を大きくすることができます。


とはいえ、私は値動きを見てトレードしているわけではありません。

このブログでは、私が保有する仮想通貨はどのような状況か、どんなタイミングで購入しているかを
お伝えします。




1日1回うちの子の肉球にタッチしてください。
にほんブログ村 株ブログへ

続きをどうぞ!
⇩⇩⇩⇩⇩⇩

1.TOPIXやS&Pに勝利!私の仮想通貨の含み益は・・・


私は「BTC」と「XRP」の2種類の仮想通貨を保有しています。



現時点での損益の状況はこんな感じです。

D246FDCA-AC39-4716-8F01-2A3912B7EB8A

ちょっと、小さいので個別に見ていきます。


・ビットコイン(BTC)
 67.35%


・リップル(XRP)
 ー22.72%



私のビットコインは約67%のプラス!

凄すぎる!

これ、私の資産約1,340万円の全部をビットコインに入れていれば、約2,100万円になっていたということ。

チャンスを逃した・・・。
まっ、どうせそうする勇気はないけど。



ちなみに、私が今年の1月初めに買ったTOPIXやS&Pの投資信託の損益は次のとおりです。

・TOPIX
 ー6.35%


・S&P
 ー8.28%



私が保有するビットコイン(BTC)はTOPIXや S&Pを大幅に上回ってます。



2つの仮想通貨の今年の評価損益の推移をみてみましょう。


1F662097-B61E-48CD-ACC0-9A5EB1AD29FE


3月に暴落していたビットコインの価格が戻してきています。
一方で、リップルの評価益は横ばい。


それにしても、ビットコインの動きはTOPIXや S&P500と比べて激しいですね!


ちなみに、今回は仮想通貨への投資についての内容でしたが、仮想通貨が現実経済に今後どのような影響を及ぼすか、ホリエモンが語っています。
ぜひこちらもご覧ください。




2.仮想通貨は靴下と同じように購入する


TOPIXや S&Pはマイナスになっている中、私が保有するビットコイン(BTC)の評価損益は大きくプラスになっています。

このように大きな含み益となった鍵は、仮想通貨の購入の仕方にあります。

私は、投資する対象を次のポイントで決めています。


・割安になっている資産
・目標とするポートフォリオの割合に対して少なくなっている資産


このポイントを仮想通貨の購入に当てはめます。


特に一つ目のポイントである「割安なっている資産」を中心に購入します。


今月割安なのはリップル。


ということで、購入するのはリップルということになるんですが、最近の株価の暴落で私の資産が打撃を受け、株の方を買い増ししまくり現金がなくなっているので、仮想通貨を購入するのはしばらく控えます。

私の資産の状況はこちら。


 

SPONSORED LINK



3.仮想通貨をこれから始めるなら「BIT POINT(ビットポイント)」


私が仮想通貨の取引で使っているのは「BIT Point(ビットポイント)」。


2016年3月3日に設立された会社です。

bitpoint


仮想通貨といえば、bitFlyer、GMOコイン、DMM Bitcoinなど有名なところはたくさんあります。



私が「BIT Point(ビットポイント)」をなぜ使うのは、各種手数料が無料であることが魅力だからです!


たとえば、

・取引手数料

・即時入金手数料

・送受金手数料

・口座管理料


が無料です。



コロナショックで資産を大きく減らした方が逆転するには、動きの激しい仮想通貨に投資するのも1つの方法かもしれませんね!


SPONSORED LINK


関連記事です。

今回、コロナショックにより仮想通貨は暴落しましたが、私の2019年の投資成績トップは仮想通貨でした。

次に投資成績が良かったものは何か、こちらからご覧ください。


私が尊敬する与沢翼さんは、仮想通貨で12億円の大成功を収めています!


ここ最近またテレビ等のメディアで目にすることが多くなってきましたね。


与沢翼さんについては、賛否両論あるかもしれませんが、結果を出している点は評価しても良いと思います。

新!秒速で1億円稼ぐ方法?与沢翼さんの魅力と仮想通貨


SPONSORED LINKBITPOINT




  • このエントリーをはてなブックマークに追加