資産

2018年10月14日


VIC(ビク)です。


日経平均が大きく値を下げました。

Screenshot_20181012-062616

10月11日の終値は約900円のマイナスで、前日比約4%の下落でした。


1日でここまで下げることが最近なかったので、阿鼻叫喚状態の方もいらっしゃると思います。


そんな中、私は約30,000円の利益を上げました。

どうやってその利益を上げたかお伝えします。



1 日経平均大幅下落の中、利益を上げた方法とは

保有株が下落する中、利益を上げたのはこれです。

Screenshot_2018-10-11-21-33-23

CFDです。
私は、「DAX」の売りを1枚、「FTSE100」の買いを2枚保有していました。

今回の日経平均の大幅下落は、アメリカNYダウの大幅下落が発端となっており、日本だけでなく、ドイツやイギリスの株式市場にも大きく影響しました。

それで、「DAX」や「FTSE100」の下落により、それぞれ約6万円の利益、約3万円の損失ということで、差し引き約3万円の利益となりました。


短期的に大きな評価益が出たのは、「DAX」の売りを保有していたおかげですね。


私がCFDを保有している1番の目的は、配当金(配当相当額)をもらうことです。

配当金(配当相当額)が目的なら「FTSE100」だけを保有していればよいのですが、なぜ「DAX」を売りで保有していたかについてはまた別の記事にします。


ちなみに、先月のCFDによる配当金(配当相当額)は31,000円でした。




2 「億り人」が行う利益の活用方法とは

今回私は運良く利益を得ましたが、この後どういう行動をとるかが重要です。

賢い投資家の行動を参考にするのがよいですよね。

以前、総資産4.5億円の「億り人」であるwww9945さんの投資方法について紹介しました。

年収300万円から大逆転!総資産4.5億円、配当収入年1,000万をどう達成したか

www9945さんは得た利益をすぐに次の投資に回しています。


ということで、私も得た利益を放置せずに、投資に回します。



3 得た利益を回す先はコレ!

今回、私が得た利益は、次の2ヶ所に回します。

まずは、先進国株式の投資信託を購入します。
Screenshot_20181011-075057
アメリカやドイツ、イギリスなどの先進国の株価が下落したので1万円分スポット購入します。


次に、トライオートETFです。
こちらは、証拠金額が150%を切ってしまいましたので、残りの2万円追加入金です。

Screenshot_20181011-071353 (1)


今回得た利益が3万円程度でしたので、たいしたことはできませんでした。

週末には日経平均も少し値を戻しましたが、これからどうなるのか目が離せないですね!



いつもご覧いただきありがとうございます。
一日一回、ネコ顔をクリックしていただけると大変ありがたいです。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログへ

最新記事はこちらからどうぞ!



2018年10月02日


VIC(ビク)です。



学生の頃、帰りにみんなでアイス買おうってなることがよくありました。


でも、私は歯が痛いとかお腹壊してるとか、テキトーな理由を付けていつも参加しませんでした。



本当は、アイスを買うお金が無かったからです。



今も、職場の人に飲みに誘われても、ほとんど断ります。


なぜなら、まっすぐ家に帰って、保有銘柄の株価などの資産の状況を確認したいから。



ということで、9月の状況がどうだったか確認してみます。




1 9月の金融資産は約804万円


私は、できる限りリスクを抑えながら資産を運用したいので、ポートフォリオ運用を行っています。


参考

ポートフォリオの作り方!利益を出し続けるVICのポートフォリオ運用



私の9月の金融資産の状況は次のとおりでした。



目標

割合

評価額

評価

損益*

現状

割合

日本株式

25%

2,219,044

5.5%

28%

先進国株式

25%

2,583,881

12.2%

32%

新興国株式

5%

362,769

-10.5%

5%

日本国債

15%

802,235

-0.4%

10%

先進国債券

10%

795,416

-1.8%

10%

先進国REIT

10%

743,718

5.5%

9%

その他

10%

533,184

11.5%

7%

合計

100%

8,040,247

100%

*取得価格に対する評価損益です。取得価格の記載は省略しています。



金融資産がついに800万円を超えました!


その内訳を見てみると、先月と比べて「その他」の損益が向上しています。
これは、仮想通貨が一時的に高くなっているからです。


一方、「新興国株式」の評価損益が先々月、先月と同様、悪いままです。


資産の推移も載せておきます。

chart (2)

毎月、資産を買い入れるので、資産の大暴落が無い限り、右肩上がりになります。



ちなみにお見せしている資産には、現金・預金は含んでいません。




2 割安になっているところに投資する


先月9月も節約しまくって生活費を抑え、投資の資金を捻出しました。



投資のポイントは、「安く買って、高く売る」です。


そうです。金融商品を買うときは、


安くなっているもの=評価損益が悪くなっているもの



を重点的に買い入れます。



よって、今月重点的に買い入れるのは、1を見てお分かりのとおり、新興国株式ですね。




3 重点的に購入する金融商品は


具体的にどの金融商品を購入するか。


私は、以前新興国株式の投資信託から選定した「SBI・新興国株式インデックス・ファンド」を購入します。



また、ポートフォリオ運用とは何なのかを簡単に記事にしていますので、よろしければこちらもご覧ください。



参考

株主優待投資から一歩進みたい人に覚えてほしいポートフォリオ運用 1


関連記事です。

前月と比べて利益が大きくなったのは仮想通貨でした。値段が下がっているときコツコツと仕込でおいたので、ちょっとの値上がりで大きな利益となりました。

仮想通貨リップル(XRP)急騰!見向きもされない時に仕込んでいたので40%の利益!

知る人ぞ知る、実はかなりおすすめのCFD投資。私もキャピタルゲインとインカムゲインの両方で儲けさせていただきました。

いずれもらえる配当金より今もらえる3万円!CFD投資により秒速で3万円ゲット


CFDと投資信託はどちらがおすすめ?VICの9月のCFD配当は31,000円でした



いつもご覧いただきありがとうございます。
一日一回、ネコ顔をクリックしていただけると大変ありがたいです。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログへ

最新記事はこちらからどうぞ!





2018年09月12日


VIC(ビク)です。


一番儲かる金融商品は何か??

長期的にみると株です。



1 投資で利益を得るために大切なこと


「株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす」(ジェレミー・シーゲル)によると、株は債券などのほかの金融商品と比べて高い収益(平均約7%/年)を誇るようです。
624


企業は存続する限り永遠に利益を求めて成長しようとするので、「株に投資していれば間違いない!」ということになります。



ここで大事なのは、


・今後も成長していける適切な企業の株を選べるか

・適切な時期に投資できるか

です。


なかなかできるものではありませんね。


「株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす」(ジェレミー・シーゲル)

(気になる方はクリックしてみてください。「なか見!検索」で少しだけ読めます。)




2 様々なリスクを抑えるポートフォリオ運用


では、どうしたらよいでしょうか。


大口の投資ファンドであり、良い実績をあげている年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)やハーバード大学やエール大学米国の名門大学では、国内外の株や債券などを組み合わせて「基本ポートフォリオ」として運用しています。


IMG_20180629_224451

(GPIFの平成29年12月末構成割合)



私は小学生の頃、膝のところやひじのところに穴があいた体操着を着ていました。


その穴を塞ぐために、母が別の布を縫い付ける、アップリケをしてくれてました。



別のものを縫い付ける=組み合わせるアップリケって、資産のポートフォリオとなんとなく通じるものがある気がします。



いろんな資産を組み合わせるって大事なんです。


株や債券の価格の動きはバラバラ。


たとえば、株価が下落しても、国債は下落しないというような動きになるので、不景気のときに持ってる資産すべてが下落という事態を防ぐことができます。


それでは、どの資産をどれくらい持つとよいのかという疑問がでてきますが、これはその人がどれくらいリスクを許容できるかによって決まります。


私のポートフォリオはどういう状況であるか、今度記事にしてみます。



いつもご覧いただきありがとうございます。
一日一回、ネコ顔をクリックしていただけると大変ありがたいです。
よろしくお願いします
にほんブログ村 株ブログへ

最新記事はこちらからどうぞ!





2018年09月01日


VIC(ビク)です。



学生の頃、帰りにみんなでアイス買おうってなることがよくありました。

でも、私は歯が痛いとかお腹壊してるとか、テキトーな理由を付けていつも参加しませんでした。


本当は、アイスを買うお金が無かったからです。


今も、職場の人に飲みに誘われても、ほとんど断ります。

なぜなら、まっすぐ家に帰って、保有銘柄の株価などの資産の状況を確認したいから。


ということで、8月の状況がどうだったか確認してみます。




1 8月の金融資産は約763万円


私は、できる限りリスクを抑えながら資産を運用したいので、ポートフォリオ運用を行っています。


参考

利益を出し続けていけるか、VICのポートフォリオ運用ルール



私の8月の金融資産の状況は次のとおりでした。





目標

割合

評価額

評価

損益*

現状

割合

日本株式

25%

2,127,080

1.1%

28%

先進国株式

25%

2,463,507

7.0%

32%

新興国株式

5%

347,422

-11.0%

5%

日本国債

15%

716,716

-0.3%

9%

先進国債券

10%

774,042

-3.2%

10%

先進国REIT

10%

761,247

8.0%

10%

その他

10%

440,709

2.1%

6%

合計

100%

7,630,723

100%

*取得価格に対する評価損益です。取得価格の記載は省略しています。



先々月、+7%近くあった日本株式の評価損益が悪くなっています。

日経平均自体は先々月末より先月末の方が高いのですが、私が保有している日本株式のドトール・日レスHDやJTの株価が下がっているからです。



一応、資産の推移も載せておきます。


chart (1)


毎月、資産を買い入れるので、資産の大暴落が無い限り、右肩上がりになります。

ちなみにお見せしている資産には、現金・預金は含んでいません。




2 割安になっているところに投資する


先月8月も節約しまくって生活費を抑え、投資の資金を捻出しました。


投資のポイントは、「安く買って、高く売る」です。

そうです。金融商品を買うときは、

安くなっているもの=評価損益が悪くなっているもの


を重点的に買い入れます。


よって、今月重点的に買い入れるのは、1を見てお分かりのとおり、新興国株式ですね。




3 重点的に購入する金融商品は


具体的にどの金融商品を購入するか。

私は、以前新興国株式の投資信託から選定した「
SBI-EXE-i つみたて新興国株式ファンド」を購入します。

これの選定経過は以前の記事をご覧ください。


また、ポートフォリオ運用とは何なのかを簡単に記事にしていますので、よろしければこちらもご覧ください。


参考

株主優待投資から一歩進みたい人に覚えてほしいポートフォリオ運用 1

株主優待投資から一歩進みたい人に覚えてほしいポートフォリオ運用 2




いつもご覧いただきありがとうございます。

一日一回、ネコ顔をクリックしていただけると大変ありがたいです。
よろしくお願いします
にほんブログ村 株ブログへ

最新記事はこちらからどうぞ!




2018年08月14日


VIC(ビク)です。

仕事で上司に起こられた時の対応の仕方は人それぞれのように、何か起きた時の資産の値動きはそれぞれだということを説明しました。


例を入れて説明していますので、見ていない方は、前回の記事をご覧ください。


とりあえず、

「値動きの異なる資産を組み合わせて保有すべき!」

ということだけでも覚えていただければ大丈夫です。


「値動きの異なる資産を組み合わせて保有すべき!」って言われても、なぜそう言えるのか、もう少し具体的でないと分かりにくいかもしれません。


次の表をご覧ください。

eMAXIS soukan
三菱UFJ国際投信

左と上に記載のある資産がどのくらい関係が強いかを表しています。
数字が大きいほど、関係が強いということです。


たとえば、

(1)先進国株式国内株式は「0.644」

(2)先進国債券と国内債券は「-0.155」です。



(1)は、「0.644」ですので、先進国株式が100円上がると、国内株式は64.4円上がるということです。

逆に、先進国株式が100円下がると、国内株式も64.4円下がります。


(2)は、「-0.155」です。マイナスが付いているところがポイントです。

先進国債券が100円上がると、国内債券は18.5円下がる。
先進国債券が100円下がると、国内債券は18.5円上がる。

一方が上がると、もう一方は逆に下がるという動きになります。


また、(3)として、先進国リートと国内債券は「0.002」です。

先進国リートが100円上がると、国内債券は0.2円上がる。

先進国リートが100円下がると、国内債券は0.2円下がる。


というように、一方が動いても、もう一方はほとんど動きません。



リスクを抑えるために資産を組み合わせてポートフォリオを構築するには、(2)や(3)のような

相関が小さいまたはマイナスになるものを選ぶ

とよいのです。


株主優待は国内株式にしかありません。

よって、国内株式しか持っていませんという株主優待投資家も多くいることでしょう。


しかし、投資は本来、国内たけではなく、海外も含めてすべきなのです。


ジェレミー・シーゲルも、「株式投資」という本の中で次のように述べています。

・国際的に投資すべき理由は、ポートフォリオの分散化によってリスクを軽減できることである。



・世界中に十分に分散したポートフォリオを持つ投資家だけが、リスクを低減しながら最高の利回りを収穫できるのである。



(気になる方はクリックしてみてください。「なか見!検索」で少しだけ読めます。)


また、世界最高レベルとも言えるほどの運用をしているGPIFも国内外の株や債券に投資しています。

あわせて読みたい以前の記事

本当は世界トップクラス!?1年で約10兆円の収益をたたき出す日本の年金運用




投資をする際に覚えておいて損はないかと思います。



いつもご覧いただきありがとうございます。
一日一回、ネコ顔をクリックしていただけると大変ありがたいです。
よろしくお願いします
にほんブログ村 株ブログへ

最新記事はこちらからどうぞ!