資産月次報告・ポートフォリオ

2018年12月03日


VIC(ビク)です。



11月も10月と同様、株式市場が不調でした。

日経平均は10月頭に24,448円でしたが、10月末に20,971円まで下がり、11月末の終値は22,351円までしか戻りませんでした。

ちょっと前のピークから10%下げたままとなっています。



含み損のままになっている方も少なくないのではないでしょうか。


私の資産の評価損益はマイナスになることはなく、先月のような暴落が起きた月でも、どうにかプラスを維持しています。



じゃあどのくらいのプラスなのか、11月末時点の私のポートフォリオの状況をお見せします。




1 11月の金融資産は約860万円、各資産の評価損益は?



私は、できる限りリスクを抑えながら資産を運用したいので、ポートフォリオ運用を行っています。



参考

ポートフォリオの作り方!利益を出し続けるVICのポートフォリオ運用



私の11月の金融資産の状況は次のとおりでした。



目標

割合

評価額

評価

損益*

現状

割合

日本株式

25%

2,275,980

8.0%

26%

先進国株式

25%

2,961,802

5.0%

35%

新興国株式

5%

381,345

-12.4%

4%

日本国債

15%

933,101

0.1%

11%

先進国債券

10%

808,986

-2.5%

9%

先進国REIT

10%

759,888

7.8%

9%

その他

10%

491,166

-14.1%

6%

合計

100%

8,612,268

2.5%

100%

*取得価格に対する評価損益です。取得価格の記載は省略しています。



金融資産全体は約860万円、取得原価に対する評価損益は、2.5%のプラスでした。

今月も評価益を維持しています。


ポイントとなる各資産の評価損益を見てみましょう!

一番見ていただきたいのは、「新興国株式」が、先月の-18.3%から-12.4%と約6ポイントの改善しているところです。

また、「日本株式」と「先進国株式」の評価益がさらに良くなっています。


一方で、「その他」が先月の評価益が-8.9%から-14.1%と悪化しています。
これは、仮想通貨の評価損が大きくなっているためです。

11月の途中までは、仮想通貨のリップルの調子が良く、ビットコインやイーサリアムのマイナスを補っていたのですが、11月末時点でリップルもマイナスとなってしまい、その他全体が大きなマイナスとなりました。

仮想通貨リップルの評価益約30%!VICが11月に買う仮想通貨はこれ!

仮想通貨の値動きはおそろしいですね!




資産の推移も載せておきます。

chart

毎月、資産を買い入れるので、資産の大暴落が無い限り、右肩上がりになります。

資産を前月と比べると、約7%増えています。

特に11月は日本株の売買を行いました。

買った日本株の主なものは、

・KDDI株
 (ドコモの携帯料金引下げ方針発表に引きずられての株価暴落のタイミングでの買い増し)

・日産株
 (私が好成績を出している「不祥事銘柄投資」として、ゴーン氏逮捕で株価下落のタイミングでの購入)



ちなみにお見せしている資産には、現金・預金は含んでいません。




2 割安になっているところに投資する


先月11月も節約しまくって生活費を抑え、投資の資金を捻出しました。



投資のポイントは、「安く買って、高く売る」です。


そうです。金融商品を買うときは、



安くなっているもの=評価損益が悪くなっているもの



を重点的に買い入れます。


よって、今月重点的に買い入れるのは、1を見てお分かりのとおり、「新興国株式」ですね。


ここ数ヶ月「新興国株式」を重点的に買い入れてますね。
今まで「種まき」をしているような感じです。

いつか大きな花を咲かせると信じましょう。


また、同じく評価損益がマイナスとなっている「先進国債券」も多めに買い入れます!




3 12月に重点的に購入する金融商品は


具体的にどの金融商品を購入するか。



私は、以前新興国株式の投資信託から選定した「SBI・新興国株式インデックス・ファンド」を購入することにします。


しかし、本当は投資信託ではなく、海外ETFである「VWO」に投資したいんです。

新興国株式への投資だと、投資信託か海外ETFを購入することになるんですが、保有にかかる費用(信託報酬)は、海外ETFの方が圧倒的に安いんです。

それなのになぜ投資信託にするのか。
それは、今年のNISA枠を使い切ってしまっているからです。

海外ETFの購入には手数料がかかるんですが、SBI証券のNISA枠であれば、海外ETFの購入に手数料はかからないのです。



年が明けてNISA枠が復活するまでの我慢ですね。


ちなみに、先進国債券は、「三井住友・DC外国債券インデックスファンド」という
投資信託にします。



関連記事です。


ポートフォリオ運用といえば、私たちの年金を運用しているGPIFです。メディアの偏向報道で運用成績が良くないイメージがあるかもしれませんが、ちゃんと利益を出しています。
私たち個人投資家もその運用方法には参考にすべきところがたくさんあります。

3ヶ月で約5兆円超の収益!個人投資家も参考にすべきGPIFの資産運用(2018年度第2四半期)



知る人ぞ知る、実はかなりおすすめのCFD投資。私もキャピタルゲインとインカムゲインの両方で儲けさせていただきました。


株式市場が不調の中、11月は約10万円の利益!VIC独自のCFD売買方法!


VICが11月にもらった配当金は約10,000円でした!




いつもご覧いただきありがとうございます。
一日一回、ネコ顔をクリックしていただけると大変ありがたいです。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログへ

最新記事はこちらからどうぞ!



2018年11月02日


VIC(ビク)です。



10月は株価が大きく下げましたね。

日本株はもちろん、NYダウが短期間で大きく下げました。

10月頭は約27,000円でしたが、1ヶ月かんで約24,000近くまで下げました。

約10%の下げです。



ちょっと前まで米国株式が好調だったこともあり、米国株に投資していた方も増えていたかと思います。

私も資産の約4割をアメリカを中心とした外国株式として保有しています。



ということで、10月の私のポートフォリオの状況を確認してみます。




1 10月の金融資産は約807万円



私は、できる限りリスクを抑えながら資産を運用したいので、ポートフォリオ運用を行っています。



参考

ポートフォリオの作り方!利益を出し続けるVICのポートフォリオ運用



私の10月の金融資産の状況は次のとおりでした。



目標

割合

評価額

評価

損益*

現状

割合

日本株式

25%

2,070,000

5.3%

26%

先進国株式

25%

2,796,548

3.4%

35%

新興国株式

5%

343,535

-18.3%

4%

日本国債

15%

855,092

-0.2%

11%

先進国債券

10%

793,976

-3.1%

10%

先進国REIT

10%

734,078

4.1%

9%

その他

10%

476,579

-8.9%

5%

合計

100%

8,069,808

1%

100%


*取得価格に対する評価損益です。取得価格の記載は省略しています。



先月、金融資産が800万円を超えましたが、10月の株価暴落にも関わらず、なんとか800万を維持しています!

また、おどろくべきは評価益を維持していることです。
といっても、約1%だけですが。




その内訳を見てみると、先月と比べて先進国株式の評価益が小さくなるとともに、新興国株式の損が大きくなっています。


新興国株式の評価損益がここ数ヶ月間悪いままですね。




資産の推移も載せておきます。

chart


毎月、資産を買い入れるので、資産の大暴落が無い限り、右肩上がりになります。
10月は暴落がありましたが、先月よりは微増ですね。



ちなみにお見せしている資産には、現金・預金は含んでいません。




2 割安になっているところに投資する


先月10月も節約しまくって生活費を抑え、投資の資金を捻出しました。



投資のポイントは、「安く買って、高く売る」です。


そうです。金融商品を買うときは、



安くなっているもの=評価損益が悪くなっているもの



を重点的に買い入れます。


よって、今月重点的に買い入れるのは、1を見てお分かりのとおり、新興国株式ですね。




3 重点的に購入する金融商品は


具体的にどの金融商品を購入するか。



私は、以前新興国株式の投資信託から選定した「SBI・新興国株式インデックス・ファンド」を購入します。


また、ポートフォリオ運用とは何なのかを簡単に記事にしていますので、よろしければこちらもご覧ください。



参考

株主優待投資から一歩進みたい人に覚えてほしいポートフォリオ運用 1




関連記事です。


ポートフォリオ運用といえば、私たちの年金を運用しているGPIFです。メディアの偏向報道で運用成績が良くないイメージがあるかもしれませんが、ちゃんと利益を出しています。
私たち個人投資家もその運用方法には参考にすべきところがたくさんあります。

3ヶ月で約2兆円超の収益!個人投資家も参考にすべきGPIFの資産運用(2018年度第1四半期)



知る人ぞ知る、実はかなりおすすめのCFD投資。私もキャピタルゲインとインカムゲインの両方で儲けさせていただきました。


いずれもらえる配当金より今もらえる3万円!CFD投資により秒速で3万円ゲット


CFDと投資信託はどちらがおすすめ?VICの10月のCFD配当は〇〇円でした




いつもご覧いただきありがとうございます。
一日一回、ネコ顔をクリックしていただけると大変ありがたいです。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログへ

最新記事はこちらからどうぞ!



2018年10月02日


VIC(ビク)です。



学生の頃、帰りにみんなでアイス買おうってなることがよくありました。


でも、私は歯が痛いとかお腹壊してるとか、テキトーな理由を付けていつも参加しませんでした。



本当は、アイスを買うお金が無かったからです。



今も、職場の人に飲みに誘われても、ほとんど断ります。


なぜなら、まっすぐ家に帰って、保有銘柄の株価などの資産の状況を確認したいから。



ということで、9月の状況がどうだったか確認してみます。




1 9月の金融資産は約804万円


私は、できる限りリスクを抑えながら資産を運用したいので、ポートフォリオ運用を行っています。


参考

ポートフォリオの作り方!利益を出し続けるVICのポートフォリオ運用



私の9月の金融資産の状況は次のとおりでした。



目標

割合

評価額

評価

損益*

現状

割合

日本株式

25%

2,219,044

5.5%

28%

先進国株式

25%

2,583,881

12.2%

32%

新興国株式

5%

362,769

-10.5%

5%

日本国債

15%

802,235

-0.4%

10%

先進国債券

10%

795,416

-1.8%

10%

先進国REIT

10%

743,718

5.5%

9%

その他

10%

533,184

11.5%

7%

合計

100%

8,040,247

100%

*取得価格に対する評価損益です。取得価格の記載は省略しています。



金融資産がついに800万円を超えました!


その内訳を見てみると、先月と比べて「その他」の損益が向上しています。
これは、仮想通貨が一時的に高くなっているからです。


一方、「新興国株式」の評価損益が先々月、先月と同様、悪いままです。


資産の推移も載せておきます。

chart (2)

毎月、資産を買い入れるので、資産の大暴落が無い限り、右肩上がりになります。



ちなみにお見せしている資産には、現金・預金は含んでいません。




2 割安になっているところに投資する


先月9月も節約しまくって生活費を抑え、投資の資金を捻出しました。



投資のポイントは、「安く買って、高く売る」です。


そうです。金融商品を買うときは、


安くなっているもの=評価損益が悪くなっているもの



を重点的に買い入れます。



よって、今月重点的に買い入れるのは、1を見てお分かりのとおり、新興国株式ですね。




3 重点的に購入する金融商品は


具体的にどの金融商品を購入するか。


私は、以前新興国株式の投資信託から選定した「SBI・新興国株式インデックス・ファンド」を購入します。



また、ポートフォリオ運用とは何なのかを簡単に記事にしていますので、よろしければこちらもご覧ください。



参考

株主優待投資から一歩進みたい人に覚えてほしいポートフォリオ運用 1


関連記事です。

前月と比べて利益が大きくなったのは仮想通貨でした。値段が下がっているときコツコツと仕込でおいたので、ちょっとの値上がりで大きな利益となりました。

仮想通貨リップル(XRP)急騰!見向きもされない時に仕込んでいたので40%の利益!

知る人ぞ知る、実はかなりおすすめのCFD投資。私もキャピタルゲインとインカムゲインの両方で儲けさせていただきました。

いずれもらえる配当金より今もらえる3万円!CFD投資により秒速で3万円ゲット


CFDと投資信託はどちらがおすすめ?VICの9月のCFD配当は31,000円でした



いつもご覧いただきありがとうございます。
一日一回、ネコ顔をクリックしていただけると大変ありがたいです。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログへ

最新記事はこちらからどうぞ!





2018年09月12日


VIC(ビク)です。


一番儲かる金融商品は何か??

長期的にみると株です。



1 投資で利益を得るために大切なこと


「株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす」(ジェレミー・シーゲル)によると、株は債券などのほかの金融商品と比べて高い収益(平均約7%/年)を誇るようです。
624


企業は存続する限り永遠に利益を求めて成長しようとするので、「株に投資していれば間違いない!」ということになります。



ここで大事なのは、


・今後も成長していける適切な企業の株を選べるか

・適切な時期に投資できるか

です。


なかなかできるものではありませんね。


「株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす」(ジェレミー・シーゲル)

(気になる方はクリックしてみてください。「なか見!検索」で少しだけ読めます。)




2 様々なリスクを抑えるポートフォリオ運用


では、どうしたらよいでしょうか。


大口の投資ファンドであり、良い実績をあげている年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)やハーバード大学やエール大学米国の名門大学では、国内外の株や債券などを組み合わせて「基本ポートフォリオ」として運用しています。


IMG_20180629_224451

(GPIFの平成29年12月末構成割合)



私は小学生の頃、膝のところやひじのところに穴があいた体操着を着ていました。


その穴を塞ぐために、母が別の布を縫い付ける、アップリケをしてくれてました。



別のものを縫い付ける=組み合わせるアップリケって、資産のポートフォリオとなんとなく通じるものがある気がします。



いろんな資産を組み合わせるって大事なんです。


株や債券の価格の動きはバラバラ。


たとえば、株価が下落しても、国債は下落しないというような動きになるので、不景気のときに持ってる資産すべてが下落という事態を防ぐことができます。


それでは、どの資産をどれくらい持つとよいのかという疑問がでてきますが、これはその人がどれくらいリスクを許容できるかによって決まります。


私のポートフォリオはどういう状況であるか、今度記事にしてみます。



いつもご覧いただきありがとうございます。
一日一回、ネコ顔をクリックしていただけると大変ありがたいです。
よろしくお願いします
にほんブログ村 株ブログへ

最新記事はこちらからどうぞ!





2018年09月01日


VIC(ビク)です。



学生の頃、帰りにみんなでアイス買おうってなることがよくありました。

でも、私は歯が痛いとかお腹壊してるとか、テキトーな理由を付けていつも参加しませんでした。


本当は、アイスを買うお金が無かったからです。


今も、職場の人に飲みに誘われても、ほとんど断ります。

なぜなら、まっすぐ家に帰って、保有銘柄の株価などの資産の状況を確認したいから。


ということで、8月の状況がどうだったか確認してみます。




1 8月の金融資産は約763万円


私は、できる限りリスクを抑えながら資産を運用したいので、ポートフォリオ運用を行っています。


参考

利益を出し続けていけるか、VICのポートフォリオ運用ルール



私の8月の金融資産の状況は次のとおりでした。





目標

割合

評価額

評価

損益*

現状

割合

日本株式

25%

2,127,080

1.1%

28%

先進国株式

25%

2,463,507

7.0%

32%

新興国株式

5%

347,422

-11.0%

5%

日本国債

15%

716,716

-0.3%

9%

先進国債券

10%

774,042

-3.2%

10%

先進国REIT

10%

761,247

8.0%

10%

その他

10%

440,709

2.1%

6%

合計

100%

7,630,723

100%

*取得価格に対する評価損益です。取得価格の記載は省略しています。



先々月、+7%近くあった日本株式の評価損益が悪くなっています。

日経平均自体は先々月末より先月末の方が高いのですが、私が保有している日本株式のドトール・日レスHDやJTの株価が下がっているからです。



一応、資産の推移も載せておきます。


chart (1)


毎月、資産を買い入れるので、資産の大暴落が無い限り、右肩上がりになります。

ちなみにお見せしている資産には、現金・預金は含んでいません。




2 割安になっているところに投資する


先月8月も節約しまくって生活費を抑え、投資の資金を捻出しました。


投資のポイントは、「安く買って、高く売る」です。

そうです。金融商品を買うときは、

安くなっているもの=評価損益が悪くなっているもの


を重点的に買い入れます。


よって、今月重点的に買い入れるのは、1を見てお分かりのとおり、新興国株式ですね。




3 重点的に購入する金融商品は


具体的にどの金融商品を購入するか。

私は、以前新興国株式の投資信託から選定した「
SBI-EXE-i つみたて新興国株式ファンド」を購入します。

これの選定経過は以前の記事をご覧ください。


また、ポートフォリオ運用とは何なのかを簡単に記事にしていますので、よろしければこちらもご覧ください。


参考

株主優待投資から一歩進みたい人に覚えてほしいポートフォリオ運用 1

株主優待投資から一歩進みたい人に覚えてほしいポートフォリオ運用 2




いつもご覧いただきありがとうございます。

一日一回、ネコ顔をクリックしていただけると大変ありがたいです。
よろしくお願いします
にほんブログ村 株ブログへ

最新記事はこちらからどうぞ!