株主優待

2018年12月16日


VIC(ビク)です。


株主優待が自宅に届くとすごくうれしいですよね!


この時期には株主優待がたくさん届きます。



株主優待は企業が株主へ、利益を還元するためにプレゼントするものです。


本当は配当金として株主に還元したほうがいいんだと思うんですが、やっぱり手元に物が届くとうれしいですよね!


しかも今回株主優待の中でも誰もが喜ぶものが届きましたので紹介します。




このブログのポイント


1 届いた株主優待は1,000円分クオカード


2 株主優待の取得の手数料はつなぎ売り(クロス取引)で約210円

3 株価10万円以下の銘柄の株主優待をさらにお得に取得する方法


4 新東工業の第122期中間期株主通信






1 届いた株主優待は1,000円分クオカード



今回届いた株主優待はこちら。

IMG_20181208_215734 (1)

新東工業から1,000円分クオカードをいただきました。


今回は9月に取得した株主優待です。


ちなみに、この株主優待は保有する株数によってもらえるクオカードの金額が異なります。


100株 1,000円相当

1,000株以上 2,000円相当





2 株主優待の取得の手数料はつなぎ売り(クロス取引)で約210円



新東工業の株主優待は、「つなぎ売り」(クロス取引)という方法で取得しました。

株価変動のリスクを最小限に抑えて、株式売買の手数料だけで権利を取得できます。


「つなぎ売り」の方法は、画像付きでやり方を記事にした以前の記事でご確認ください。


あわせて読みたい以前の記事

つなぎ売りの方法

(特に3、4をご覧ください。)



じゃあ、手数料はいくらかかったのか。


SBI証券さんの計算方法に基づいて計算してみます。

(12月7日付け株価(900円)、優待取得の100株で算出)

(1)現物買い手数料
株を購入した場合の手数料を確認してみます。
IMG_20181107_232318
(SBI証券のサイト)


 97円(税込)


(2)信用新規売り建て手数料
次に、つなぎ売りに必要な信用売りの手数料です。
IMG_20181107_232339
(SBI証券サイト)


 97円(税込)


(3)貸株料

 株価900円×100株×3.9%×2日分/365=約20円


よって、(1)+(2)+(3)=214円

(売買の諸費用を考えるともう少し費用がかかるかもしれません。あくまで目安としてください。)




3 株価10万円以下の銘柄の株主優待をさらにお得に取得する方法


今回、株主優待をいただいた銘柄の株価は10万円以下でした。

それは、SBI証券ならではの方法なのですが、取引方法を「アクティブプラン」にすればよいのです。


先ほど2で紹介した手数料は、SBI証券の「スタンダードプラン」で計算したものでした。

これが
「アクティブプラン」だと次のようになります。
SBI アクティブ 手数料
(SBI証券サイト)

先ほどの2の(1)現物買い手数料と(2)信用新規売り建て手数料が「0円」になっています。

SBI証券がすごいのは、(1)現物買いと(2)信用新規売り建てが、

【それぞれ10万円まで無料】

なんです。
これが、楽天証券などでは、
(1)現物買いと(2)信用新規売り建ての合計が10万円未満でないとだめなのです。

最近は楽天証券ががんばっているイメージもありますが、SBI証券の負けていませんね!





4 新東工業の第122期中間期株主通信 



今回届いた新東工業のクオカードは、株主宛の「第122期中間期株主通信」と一緒に送られてきました。

IMG_20181208_215748

社長のあいさつにはこんなことが書いてありました。

 米国は堅調、欧州は内需主導で底堅く推移、国内では生産の増加や堅調な設備投資等により着実に成長
・売上高は前年同期比6.6%増、営業利益は前年同期比17.9%減
・「無菌分野」、「セラミックス分野」、「EV分野」、「機能性粉末分野」などの新分野へのチャレンジ



まあまあな感じですかね!
こういった銘柄については、またつなぎ売り(クロス取引)するのがよいかもしれませんね。




関連記事です。


使い勝手が良いといえば、クオカード!

株主優待でクオカードを取得するにはこちらを参考にしてください。


株主優待でクオカード



12月は株主優待がたくさん届きます。
これは、9月に権利を取得できる株主優待がたくさんあって、それらの株主優待がこの時期に届くからです!
この時期にどんなものが届くか、9月の銘柄を確認することをおすすめします。

9月に株主優待の権利を取得できる銘柄





いつもご覧いただきありがとうございます。
一日一回、ネコ顔をクリックしていただけると大変ありがたいです。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログへ

最新記事はこちらからどうぞ!



2018年12月15日


VIC(ビク)です。



株主優待は、さみしい思い出を忘れさせてくれるサンタクロース。

(ワケありなので、過去の記事をご確認ください。)



私の家にサンタクロースが来たことはなかったです。
というか、お菓子もほとんど食べたことはありませんでした。


今回、クリスマスの時期にぴったりなものが株主優待として届きました。


ということで、今回は名糖産業の株主優待の内容やお得に手に入れる方法などについて紹介させていただきます。


今回のブログのポイント


1 届いた株主優待は1,500円相当のお菓子


2 株主優待の取得の手数料はつなぎ売り(クロス取引)で約300円


3 第77期中間報告書のポイント





1 届いた株主優待は1,500円相当のお菓子



今回届いた株主優待はこちら!

株主優待 名糖産業

菓子食品メーカーである名糖産業の1,500円相当の自社商品です。

クリスマス前のこの時期に届くのちょうどよいですね。
子供がよろこびそうなサンタクロースのデザインの商品があります。

これは、切手を貼れば送れるようになっています。
届いて子供や孫に送ってプレゼントできますね!



この株主優待は保有する株数によってもらえる商品券の枚数が異なります。


100株 2,000円相当

1,000株 3,000円相当

5,000株 5,000円相当

名糖産業の株主優待は、9月に権利を取得できます。





2 株主優待の取得の手数料はつなぎ売り(クロス取引)で約300円


名糖産業の株主優待は、「つなぎ売り」(クロス取引)という方法で取得しました。

株価変動のリスクを最小限に抑えて、株式売買の手数料だけで権利を取得できます。


「つなぎ売り」の方法は、画像付きでやり方を記事にした以前の記事でご確認ください。


あわせて読みたい以前の記事

つなぎ売りの方法

(特に3、4をご覧ください。)



じゃあ、手数料はいくらかかったのか。


SBI証券さんの計算方法に基づいて計算してみます。

(12月6日付け株価(1,441円)、優待取得の100株で算出)

(1)現物買い手数料
株を購入した場合の手数料を確認してみます。
IMG_20181107_232318
(SBI証券のサイト)


 113円(税込)


(2)信用新規売り建て手数料
次に、つなぎ売りに必要な信用売りの手数料です。
IMG_20181107_232339
(SBI証券サイト)


 145円(税込)


(3)貸株料

 株価1,441円×100株×3.9%×2日分/365=約30円


よって、(1)+(2)+(3)=288円

(売買の諸費用を考えるともう少し費用がかかるかもしれません。あくまで目安としてください。)




3 第77期中間報告書のポイント


今回届いた名糖産業のお菓子詰め合わせは、株主宛の「第77期中間報告書」と一緒に送られてきました。


P_20181208_103640

最初の社長のコメントからポイントとなるところを抜粋します。

・消費者の健康志向を背景とした高機能商品への需要が堅調
・エネルギーコストや物流費の高騰
・売上高前年同期比0.1%減、営業利益前年同期比59.5%

ちょっと厳しい状況ですね。
名糖産業の株を現物保有するのはちょっと怖いので、2のつなぎ売り(クロス取引)で株主優待をもらうのがよいかもしれませんね。




関連記事です。

今もらってうれしいものといえば、クオカード!
株主優待でクオカードを取得するにはこちらを参考にしてください。

株主優待でクオカード


いつもご覧いただきありがとうございます。
一日一回、ネコ顔をクリックしていただけると大変ありがたいです。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログへ

最新記事はこちらからどうぞ!




2018年12月14日


VIC(ビク)です。


株主優待でカタログギフトが届きました。


カタログギフトって、カタログを印刷して、送って、好きな商品を選んではがきを送って、商品が届くっていうことで、きっと多くの業者が関わることになって、冷静に考えるとムダな工程という気もします。

効率で考えると、配当金の方が良いかもしれません。


そんなことは十分分かっていてもカタログギフトってうれしいですよね。


ということで、今回は日本管財の株主優待の内容やお得に手に入れる方法などについて紹介させていただきます。


このブログのポイント


1 届いた株主優待は56商品から選べる2,000円相当のカタログギフト

 

2 株主優待の取得の手数料はつなぎ売り(クロス取引)で約650円

 

3 第54期中間報告書 

 

 

 

1 届いた株主優待は56商品から選べる2,000円相当のカタログギフト

 

今回、日本管財から届いた株主優待はカタログギフトです。
全部で56商品から選ぶことができます。

2,000円相当の商品です。

カタログにどんなものが載ってるか気になりますよね。
こんな感じです。

(1)惣菜&食材
IMG_20181208_092924

IMG_20181208_092932

IMG_20181208_092938

(2)麺類&人気調味料
IMG_20181208_092945

(3)スイーツ&ドリンク
IMG_20181208_092956

IMG_20181208_093001
IMG_20181208_093008

(4)テーブル&キッチンウェア
IMG_20181208_093018

IMG_20181208_093026

(5)バラエティグッズ
IMG_20181208_093034

IMG_20181208_093039

IMG_20181208_093045

ちなみに、日本管財の株主優待は、3月と9月に権利を取得できます。

今回は9月に取得した株主優待でした。

また、3年以上継続保有しているとカタログギフトの内容が2,000円相当から3,000円相当に上がりますよ。

  

 

 

2 株主優待の取得の手数料はつなぎ売り(クロス取引)で約650円



日本管財の株主優待は、「つなぎ売り」(クロス取引)という方法で取得しました。

株価変動のリスクを最小限に抑えて、株式売買の手数料だけで権利を取得できます。


「つなぎ売り」の方法は、画像付きでやり方を記事にした以前の記事でご確認ください。


あわせて読みたい以前の記事

つなぎ売りの方法

(特に3、4をご覧ください。)



じゃあ、手数料はいくらかかったのか。


SBI証券さんの計算方法に基づいて計算してみます。

(12月7日付け株価(2,076円)、優待取得の100株で算出)

(1)現物買い手数料
株を購入した場合の手数料を確認してみます。
IMG_20181107_232318
(SBI証券のサイト)


 270円(税込)


(2)信用新規売り建て手数料
次に、つなぎ売りに必要な信用売りの手数料です。
IMG_20181107_232339
(SBI証券サイト)


 194円(税込)


(3)貸株料

 株価2,076円×100株×3.9%×8日分/365=約440円


よって、(1)+(2)+(3)=642円

(売買の諸費用を考えるともう少し費用がかかるかもしれません。あくまで目安としてください。)

 



3 第54期中間報告書

 

今回、カタログギフトと一緒に届いた第54期中間報告書を見てみます。

ポイントは次のとおりです。



・東京都心部における複合ビルの立て替えプロジェクトが増加により市場の拡大
・新規管理案件は、付加価値の高い管理案件を重点的に開拓
・既存管理案件では、安全・安心や資産価値の維持・向上を契約先に提案
・売上高前年同期比2.3%増、営業利益前年同期比13.7%増
・中間配当21円から25円に増加


結構勢いある感じですね!




関連記事です。


株主優待でカタログギフトをいただける企業はたくさんあるんですよね。
それらの企業は「〇〇円相当のカタログギフト」としていますが、カタログギフトの金額は同じでも内容が結構異なります。
私がいただいたカタログギフトをブログで紹介してますので、ぜひ参考にしてください。

VICのカタログギフトの記事


日本管財から以前株主優待でハンバーグをいただきました。
KDDIからいただいたハンバーグと比較しました。株主優待取得の参考にしてください。

株主優待でもらえるハンバーグを比較!KDDI VS 日本管財




いつもご覧いただきありがとうございます。
一日一回、ネコ顔をクリックしていただけると大変ありがたいです。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログへ

最新記事はこちらからどうぞ!



2018年12月13日


VIC(ビク)です。


私は「中の下」の家庭で育ち、小さい頃から「節約」の英才教育を受けていました。



そんな私も社会人となり、それなりの給料をもらえるようになりましたが、染み付いた「節約」精神はなかなか抜けません。



子どもの頃に味わうことのできなかった、ちょっとした贅沢を、株主優待で今味わおうとしています。



あわせて読みたい以前の記事

株主優待でお得に生活を華やかにする方法



このブログのポイント


1 今月取得すべきおすすめ株主優待ランキング

2 株主優待をお得に取得する方法





1 今月取得すべきおすすめ株主優待ランキング



私が今月狙っている株主優待を紹介します。


株主優待を金額換算して、取得費用に対してお得なものをランキング形式で並べてみました。



私が興味を持ったものの中から、さらに次の条件で選んでいます。

(株主優待の内容は、最低単元で取得した場合で見ています)



条件

・株価5,000円未満(12月12日付け株価)

・一般売り(つなぎ売り)対応

・株主優待を金額換算し、「つなぎ売り(クロス取引)」にかかる費用を大きく上回るもの
 (12月13日に「つなぎ売り(クロス取引)」をして、権利落ち日まで保有した場合の14日間貸株料で算出)



第5位

ヒューリック(
300株)

株価:1,047円

優待内容:3,000円相当の商品

つなぎ売り費用目安:934



第4位


帝国繊維

株価:2,217

優待内容:クオカード1,000円、3,000円相当の自社製品

つなぎ売り費用目安:796



第3位


すかいらーくHD

株価:1,934

優待内容:飲食代割引カード3,000円相当

つなぎ売り費用目安:547



第2位


楽天

株価:871

優待内容:2,800円相当の自社サービスクーポン 他

つなぎ売り費用目安:324



第1位


トラスコ中山

株価:3,115

優待内容:商品5,000円相当

つなぎ売り費用目安:930



今月は株主優待の権利を取得できる株がたくさんありました。

大人気の「すかいらーく」などは在庫がなくなって、「つなぎ売り(クロス取引)」ができないかもしれません。
しかし、SBI証券のサイトを毎日のぞいていると、たまに在庫が少しあるときがありますよ!


ちなみに、ランキングで掲載した情報はあくまで参考です。
株の購入やつなぎ売りをする際は、優待内容や費用をご自分で調べ直してからにしてくださいね。




2 株主優待をお得に取得する方法



株主優待を取得するためには、2つの方法があります。


[通常の方法]

株主優待がある株を購入しなければなりません。

また、購入するだけでなく、ある決まった日に保有していなければなりません。


株を購入するので、株価が下がると損をする可能性があります。



[リスクを抑えた方法]

リスクを低く抑えた「つなぎ売り」という方法があります。


ぜひこちらの記事をご覧ください。

株主優待・取得方法




今回ランキング形式で掲載した株主優待は人気が高いので、すぐに取れなくなってしまうかもしれません。ご注意ください。


関連記事です

たくさんの店で使えて使い勝手の良いクオカード。配当金の方がよい?
配当金より良いところがあります。それは、配当金のように税金が引かれないことです。
12月に株主優待の権利を手に入れられる銘柄を紹介します。

株主優待でクオカードをもらえる銘柄を利回りでランキングにしました!(12月優待)




いつもご覧いただきありがとうございます。
一日一回、ネコ顔をクリックしていただけると大変ありがたいです。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログへ

最新記事はこちらからどうぞ!



2018年12月12日


VIC(ビク)です。


株主優待が自宅に届くとすごくうれしいですよね!


この時期には株主優待がたくさん届きます。



株主優待は企業が株主へ、利益を還元するためにプレゼントするものです。


本当は配当金として株主に還元したほうがいいんだと思うんですが、やっぱり手元に物が届くとうれしいですよね!


しかも今回株主優待の中でも誰もが喜ぶものが届きましたので紹介します。




このブログのポイント


1 届いた株主優待は1,000円分クオカード


2 株主優待の取得の手数料はつなぎ売り(クロス取引)で約400円


3 ファルコの第32期中間報告書






1 届いた株主優待は1,000円分クオカード



今回届いた株主優待はこちら。

株主優待 ファルコ

ファルコホールディングスから1,000円分クオカードをいただきました。


ファルコの株主優待は、3月と9月に権利を取得できます。

今回は9月に取得した株主優待でした。




2 株主優待の取得の手数料はつなぎ売り(クロス取引)で約400円



ファルコの株主優待は、「つなぎ売り」(クロス取引)という方法で取得しました。

株価変動のリスクを最小限に抑えて、株式売買の手数料だけで権利を取得できます。


「つなぎ売り」の方法は、画像付きでやり方を記事にした以前の記事でご確認ください。


あわせて読みたい以前の記事

つなぎ売りの方法

(特に3、4をご覧ください。)



じゃあ、手数料はいくらかかったのか。


SBI証券さんの計算方法に基づいて計算してみます。

(12月7日付け株価(1,638円)、優待取得の100株で算出)

(1)現物買い手数料
株を購入した場合の手数料を確認してみます。
IMG_20181107_232318
(SBI証券のサイト)


 113円(税込)


(2)信用新規売り建て手数料
次に、つなぎ売りに必要な信用売りの手数料です。
IMG_20181107_232339
(SBI証券サイト)


 145円(税込)


(3)貸株料

 株価1,638円×100株×3.9%×8日分/365=約140円


よって、(1)+(2)+(3)=398円

(売買の諸費用を考えるともう少し費用がかかるかもしれません。あくまで目安としてください。)




3 ファルコの第32期中間報告書 



今回届いたファルコのクオカードは、株主宛の「第32期中間報告書」と一緒に送られてきました。

IMG_20181207_230838

社長のあいさつにはこんなことが書いてありました。

・当期から新たに3ヵ年の中期経営計画をスタート

・臨床検査事業は、近畿・東海圏で新規顧客獲得が進む、クラウド型電子カルテも順調に推移

・グループ全体の上半期業績は、調剤薬局事業の落ち込みが当初の想定を越えたことにより、大幅な減益

 


次もまたつなぎ売り(クロス取引)して6月に届くとうれしいです!




関連記事です。


使い勝手が良いといえば、クオカード!

株主優待でクオカードを取得するにはこちらを参考にしてください。


株主優待でクオカード



いつもご覧いただきありがとうございます。
一日一回、ネコ顔をクリックしていただけると大変ありがたいです。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログへ

最新記事はこちらからどうぞ!