海外ETF・ドル

2018年10月06日


VIC(ビク)です。



私は、資産を「安全かつ効率的な運用」を行うために、国内外の株や債券などの複数の資産を組み合わせています。いわゆる、ポートフォリオ運用です。


私のポートフォリオで大きな割合を占めるのは、先進国株式です。


あわせて読みたい以前の記事

ポートフォリオの作り方!利益を出し続けるVICのポートフォリオ運用


米国株は、長期的に見ると、利回りが7%になるとのことです。
624

この7%を目指すために、米国ETFを優先的に購入することとしています。

米国ETFの購入にはドルが必要になりますので、毎月ドルを積み立てています。
(詳しくは、ドルを積み立てることとなった経緯「オレンジジュース事件」をご覧ください)




1 購入のタイミングと世界情勢

チャートで丸がついているところが、私がドルを購入したタイミングです。

今月の購入は、若干円安のタイミングでの購入でした。
(グラフの上に行けば行くほど円安です)

Screenshot_20181004-213618

米連邦公開市場委員会(FOMC)は先月末に開いた会合で、今年に入って3度目の利上げを全会一致で決定しました。

トランプ大統領が減税に力を入れる一方で、利上げを行うというなんとも複雑な状況です。


アメリカの対外政策や内政における不安定などの要因はありますが、
先月と比べると円安ドル高になりました。




2 取得原価と評価損益

積立金額は5万円です。

取得原価と評価損益は次のとおりです。


2018年


積立額

換算レート

ドル積立額

7月

50,000円

110.87円

450.97ドル

8月

50,000円

111.67円

447.74ドル

9月

50,000円

111.17円

449.76ドル

10月

50,000円

114.53円

439.79ドル

合計

(7月以降200,000円)

111.23円

(7月以降平均レート)

3,436.62ドル*

(392,118円)

*6月以前のドルも含みます。



前月と比べるとかなり円安が進んだので、ドルベースでの積立額が前月より少なくなっています。


ドルの購入だけで言えば、もう少し円高が進んでくれるといいんですけどね。


ちなみに、住信SBIネット銀行で先月末まで「外貨預金セール」を実施していました。
米ドルの購入手数料が、「0」というキャンペーンだったのですが、終了してしまいました。
またやってほしいですね!
詳しくはこちらをご覧ください
【期間限定】米ドルの為替コストがゼロ!海外に投資するならこの機会!



積み立てたドルで購入したETFからは定期的に配当金がもらえますよ。
日本株とは異なる時期に配当金をもらえるのでオススメです。

9月にもらえる不労所得のおすすめ!VICは約42,000円もらいました



いつもご覧いただきありがとうございます。
一日一回、ネコ顔をクリックしていただけると大変ありがたいです。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログへ

最新記事はこちらからどうぞ!





2018年10月01日

 

VIC(ビク)です。


いつか叶えたい夢。それは、配当金生活。

配当金とは、保有している株式から毎月もらえるおこずかいみたいなものです。

 

子どもの頃は、家庭の事情からお小遣いを毎月もらえなかったので、配当でお金をもらえるのは何とも言えない感情です。


あの頃の自分に会えるなら、もらった配当から毎月お小遣いをあげたい。


 

配当金については、税制面等で不利はあるものの、投資家にとって重要です。

  

ジェレミー・シーゲルが「株式投資の未来」において、


「配当こそは、投資家のリターンを押し上げる最大の要因といっていい」


と言っています。


(気になる方はクリックしてみてください。「なか見!検索」で少しだけ読めます。)

 

私の今月の配当金はどうだったでしょうか。




1 9月の不労所得約42,000円を生み出した資産


今月の株式からの配当金、CFDの配当相当額、貸株サービスによる貸株金利の合計は約42,000円でした。

この不労所得の内訳は次のとおりです。


(1)日本株

銘柄名

株数

配当金額*

JT

100

5,977

すかいらーくHD

100

1,275

合計

(1) 7,252

*税引後の金額

そういえば、「
日本株式の配当金はいつ振り込まれるか」気になりますよね。
大体、権利確定月から1~2月たった時です。

JT
とすかいらーくHDの権利確定月は6月と12月ですので、9月に振り込まれたのはちょっと遅いですね。


(2)海外ETF

銘柄名

株数

配当金*($)

米ドル*

配当金(円)

PFF

106

15.35

112.83

2,761

BND

54

9.12

合計

(2) 2,761

*税引後の金額

*9月27日の為替



(3)CFD配当相当額

銘柄名

株数

配当相当額

31,000

合計

(3) 31,000

 

かなりの金額の配当金(配当相当額)をもらえました。

9月にもらえる不労所得で一番おすすめは、CFDですね!

詳しくは、次の記事をご確認ください。
利回り20%!?低リスクなのに高利回りなオススメの投資先CFD



(4)貸株金利

銘柄名

株数

貸株金利

165

合計

(4) 165


貸株サービスでもらえる配当相当額については、次の記事をご確認ください。

株の塩漬けで身動きが取れない人や株主優待投資家にオススメの貸し株サービス



日本株配当金合計(1)+海外ETF配当金合計(2)+CFD配当(3)+貸株金利(4)=41,178円




2 不労所得は前月から大幅に増加

 

今月までの配当金をグラフにしてみます。

 

chart

前月から大幅に増加しました。

CFDからの配当相当額によるものです。

 

CFDの中でも「日経225」は3月と9月に多くの配当相当額をもらえます。

 

もし、仕事を辞めて配当金生活をするなら、もらえる金額が毎月増減するのはちょっと・・・。

 

毎月それなりの金額の配当金をもらえる海外ETFを買い増すべきですね。

 

 

関連記事です。 

  

海外ETFは日本株とは異なる時期に配当金をもらえるのでありがたいですね。

海外ETFの購入にはドルを用意しましょう!

 

【購入手数料ゼロ!】利回り7%への道!5万円分のドル購入(2018年9月)

 

 

既に配当金だけで生活している有名な個人投資家「www9945さん」が、どのようにして配当金のみで生活できるようになったか。ぜひ参考にしてください。

 

年収300万円から大逆転!総資産4.5億円、配当収入年1,000万をどう達成したか




いつもご覧いただきありがとうございます。

一日一回、ネコ顔をクリックしていただけると大変ありがたいです。

よろしくお願いします!

 

にほんブログ村 株ブログへ

最新記事はこちらからどうぞ!





2018年09月07日


VIC(ビク)です。



私は、資産を「安全かつ効率的な運用」を行うために、国内外の株や債券などの複数の資産を組み合わせています。いわゆる、ポートフォリオ運用です。


私のポートフォリオで大きな割合を占めるのは、先進国株式です。


あわせて読みたい以前の記事

利益を出し続けていけるか、VICのポートフォリオ運用ルール



そして、先進国株式として、米国ETFを優先的に購入することとしています。

米国ETFの購入にはドルが必要になりますので、毎月ドルを積み立てています。
(詳しくは、ドルを積み立てることとなった経緯「オレンジジュース事件」をご覧ください)




1 購入のタイミングと世界情勢

チャートで丸がついているところが、私がドルを購入したタイミングです。

今月の購入は、若干円安のタイミングでの購入でした。
(グラフの上に行けば行くほど円安です)

Screenshot_20180904-220020

ドル円を取り巻く状況としては、先月、ジャクソンホールで開かれた経済シンポジウムにおいて、パウエルFRB議長は、底堅い雇用の伸びの維持やインフレの抑制に向け、着実な利上げが最善の方策との認識を示しています。


アメリカの対外政策や内政における不安定などの要因はありますが、
先月と比べると多少円安ドル高になりました。




2 取得原価と評価損益

積立金額は5万円です。

取得原価と評価損益は次のとおりです。


2018年


積立額

換算レート

ドル積立額

7月

50,000円

110.87円

450.97ドル

8月

50,000円

111.67円

447.74ドル

9月

50,000円

111.17円

449.76ドル

合計

(7月以降
150,000円)

111.19円

(7月以降平均レート)

2,995.99ドル*

(333,333円)

*6月以前のドルも含みます。



前月と比べると0.5円ほど円安が進んでいるタイミングでの購入であり、平均購入レートを少し引き下げました。

よって、ドルベースでの積立額が前月より多くなっています。


ドルの購入だけで言えば、もう少し円高が進んでくれるといいんですけどね。


そういえば、現在住信SBIネット銀行で、期間限定で「外貨預金セール」実施中です。
米ドルの購入手数料が、「0」です。
詳しくはこちらをご覧ください
【期間限定】米ドルの為替コストがゼロ!海外に投資するならこの機会!



積み立てたドルで購入したETFからは定期的に配当金がもらえますよ。
日本株とは異なる時期に配当金をもらえるのでオススメです。

8月にもらえる不労所得のオススメ!VICは約9千円もらいました



いつもご覧いただきありがとうございます。
一日一回、ネコ顔をクリックしていただけると大変ありがたいです。
よろしくお願いします
にほんブログ村 株ブログへ

最新記事はこちらからどうぞ!





2018年08月31日


VIC(ビク)です。



いつか叶えたい夢。それは、配当金生活。

配当金は毎月もらえるおこずかい。

子どもの頃は、家庭の事情からお小遣いを毎月もらえなかったので、配当でお金をもらえるのは何とも言えない感情です。
あの頃の自分に会えるなら、もらった配当から毎月お小遣いをあげたい。


配当金については、税制面等で不利はあるものの、投資家にとって重要です。


ジェレミー・シーゲルが「株式投資の未来」において、

「配当こそは、投資家のリターンを押し上げる最大の要因といっていい」


と言っています。


(気になる方はクリックしてみてください。「なか見!検索」で少しだけ読めます。)

私の今月の配当金はどうだったでしょうか。



1 8月の不労所得約9千円を生み出した資産


今月の株式からの配当金、CFDの配当相当額、貸株サービスによる貸株金利の合計は9,136円でした。

この不労所得の内訳は次のとおりです。


日本株

銘柄名

株数

配当金*

予想配当利回り

なし




合計

(1) 0


*税引後の金額


海外ETF

銘柄名

株数

配当金*($)

米ドル

配当金(円)

PFF

106

16.83

111.37

2,887

BND

54

9.09

合計

(2) 2,887

※税引後の金額

※8月30日の為替

海外ETFは日本株とは異なる時期に配当金をもらえるのでありがたいですね。
海外ETFの購入にはドルを用意しましょう!

【購入手数料ゼロの今こそ!】利回り7%への道!5万円分のドル購入(2018年8月)


CFD配当相当額

銘柄名

株数

配当相当額

予想配当利回り

6,067

合計

(3)6,067



CFDの保有でもらえる配当相当額については、次の記事をご確認ください。

8月のCFD配当は6,067円でした


貸株金利

銘柄名

株数

貸株金利

予想配当利回り

182

合計

(4)182




貸株サービスでもらえる配当相当額については、次の記事をご確認ください。

株の塩漬けで身動きが取れない人や株主優待投資家にオススメの貸し株サービス



日本株配当金合計(1)+海外ETF配当金合計(2)+CFD配当(3)+貸株金利(4)=9,136円



2 不労所得は前月から小幅に増加


chart
前月から小幅に増加しました。


CFDと貸株サービスによるものです。


CFDの中でも「FTSE100」は8月に多くの配当相当額をもらえますので、もっと保有しておくべきでした。


 

8月に配当金等をもらえる日本株式は多くはありません。
毎月ある程度の不労所得を得たい方は、「FTSE100」を保有するのがオススメですね。

 

 


いつもご覧いただきありがとうございます。
一日一回、ネコ顔をクリックしていただけると大変ありがたいです。
よろしくお願いします
にほんブログ村 株ブログへ

最新記事はこちらからどうぞ!






2018年08月06日


VIC(ビク)です。



私は、資産を「安全かつ効率的な運用」を行うために、国内外の株や債券などの複数の資産を組み合わせています。いわゆる、ポートフォリオ運用です。


私のポートフォリオで大きな割合を占めるのは、先進国株式です。


あわせて読みたい以前の記事

利益を出し続けていけるか、VICのポートフォリオ運用ルール



そして、先進国株式として、米国ETFを優先的に購入することとしています。

米国ETFの購入にはドルが必要になりますので、毎月ドルを積み立てています。
(詳しくは、ドルを積み立てることとなった経緯「オレンジジュース事件」をご覧ください)




1 購入のタイミングと世界情勢

チャートで丸がついているところが、私がドルを購入したタイミングです。

今月の購入は、若干円安のタイミングでの購入でした。
(グラフの上に行けば行くほど円安です)

Screenshot_20180803-221759


ドル円を取り巻く現在の社会情勢は、アメリカが特に中国を相手に「関税」というカードで駆け引きしています。


一方が関税に関する発言をすれば、もう一方が報復関税をちらつかせるというような状況です。


短期的には「有事の円買い」といわれるように、円買い・ドル売り、つまり円高ドル安が進むことが起きています。


中間選挙を終えるまでは、世界を相手にトランプ大統領の強気な態度は続くかもしれません。



しかし、アメリカにおいては中長期的に利上げの方向に進んでおり、先月と比べると円安ドル高になりました。




2 取得原価と評価損益

積立金額は5万円です。

取得原価と評価損益は次のとおりです。


2018年


積立額

換算レート

ドル積立額

7月

50,000円

110.87円

450.97ドル

8月

50,000円

111.67円

447.74ドル

合計

(7月以降100,000円)

111.23円

(7月以降平均レート)

2,545.50ドル*

(283,135円)

*6月以前に購入したドルも含みます。



前月と比べると約1円円安が進んでいるタイミングでの購入であり、平均購入レートを上げてしまいました。

よって、ドルベースでの積立額が前月より少なくなっています。


ドルの購入だけで言えば、もう少し円高が進んでくれるといいんですけどね。


そういえば、現在住信SBIネット銀行で、期間限定で「外貨預金セール」実施中です。
米ドルの購入手数料が、「0」です。
詳しくはこちらをご覧ください
【期間限定】米ドルの為替コストがゼロ!海外に投資するならこの機会!




いつもご覧いただきありがとうございます。
一日一回、ネコ顔をクリックしていただけると大変ありがたいです。
よろしくお願いします
にほんブログ村 株ブログへ

最新記事はこちらからどうぞ!