靴下

2018年10月13日


VIC(ビク)です
私は、いつか「億り人」になることを目指して、インデックス投資信託や海外ETFを毎月購入しています。 10月はどの投資信託を購入するか、確認します。



1 10月の積立購入金額は10万円


私は、できる限りリスクを抑えながら資産を運用したいので、ポートフォリオ運用を行っています。


あわせて読みたい以前の記事

ポートフォリオの作り方!利益を出し続けるVICのポートフォリオ運用



年の初めに立てた2018年の金融資産額の目標は、「資産を約720万円以上にする」ということでしたが、私の資産額は既に目標を超えています。

しかし、まだまだ金融資産の購入を続けます。


そこでは、どの金融資産を購入するかについて考えます。


ここで忘れてはいけない大事なあの言葉、

バーゲンセールになったときに、靴下を買いだめするように資産を購入する。


つまり、「評価損益が悪いときに多く買う」ということで、9月の時点で評価損益が悪かったものを多めに購入します。


私が保有している金融資産の9月の評価損益は、


・新興国株式 マイナス10.5%
・先進国債券 マイナス1.8%

でした。

あわせて読みたい以前の記事

前月比40万円増!約804万円となったVICの9月の金融資産



よって、新興国株式と先進国債券をちょっと多めに購入します。

また、日本国債がポートフォリオの中で少なくなってしまっているので、これも多めに購入します。

新興国株式と先進国債券、
日本国債を合計10万円で積み立てます。




2 10月に積立購入する具体的な金融商品は


具体的に積立購入する金融商品は次のとおりです。

Screenshot_20180909-090927

私が使っている証券会社である、SBI証券の積立の設定画面です。
(ちなみに、「iDeCo」や自動売買システムによる資産の購入は、別途行っています。)

一番下のところにある、8月まで積立購入していた「SBI-EXE-i つみたて新興国株式ファンド」が、「SBI・新興国株式インデックスファンド」に名称変更となっています。

以前お知らせしたとおり、信託報酬が安いことには変わりはないようです。
以前の記事


ちなみに、投資信託の積立投資はゆっくりと資産を大きくする方法です。

もっと早く資産を築きたい!という人は個別銘柄を売買するのがよいでしょう。
個別銘柄の選び方は「億り人」を参考にしましょう!こちら。

億り人投資家に聞く。個人投資家が勝つためには。v-com2さんインタビュー



いつもご覧いただきありがとうございます。
一日一回、ネコ顔をクリックしていただけると大変ありがたいです。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログへ

最新記事はこちらからどうぞ!





2018年10月11日

 

VIC(ビク)です。 

 

 

ちょっと前には資産が1億円超えた人、いわゆる「億り人」をたくさん生み出した仮想通貨。

 

ピークは過ぎたと思う方も多い中、また最近リップルなどの仮想通貨が急騰しており、私も40%の評価益となったことをお伝えしました。

 

仮想通貨リップル(XRP)急騰!見向きもされない時に仕込んでいたので40%の利益!

 


私は、一時的な急騰と暴落を繰り返す仮想通貨を購入し続けていますが、その状況についてお伝えします。

 

 

1 毎月購入する仮想通貨と今月の評価損益は?

 

 私は3種類の仮想通貨を購入しています。

 

あわせて読みたい以前の記事

見向きされない今こそ仮想通貨!VICが9月に買う仮想通貨!

 


 購入した3種類の仮想通貨の評価損益は次のとおりです。

Screenshot_20181008-121215

  

・ビットコイン(BTC)

 2009年に初めて登場した仮想通貨です。

1番有名な仮想通貨ですね。

評価損益:-4.47%

  

・イーサリアム(ETH)

スマートコントラクト、言わゆる契約情報を付加できる仮想通貨です。

評価損益:-17.93%

  

・リップル(XRP)

送金速度が早く、銀行送金技術を担う可能性を秘めた仮想通貨です。

評価損益:+24.10%

 


3つの中で評価損益が一番良かったのは、
リップル(XRP)ですね。

唯一プラスの評価益です。

 

評価損益が一番悪かったもの、つまり割安となっていたのはイーサリアム(ETH)の-17.93%ですね。

 

 

 

 2 仮想通貨の購入は靴下の購入と同じ

 

投資の大原則は、「安く買って、高く売る」。

 

買いたい金融商品を割安な時に多く仕込むことが重要です。

 

例えるなら、バーゲンセールになった時に靴下を買いだめするようなものです。

 

 

金融商品の買い方

靴下


  

購入する仮想通貨は評価損益が1番悪かった(割安であった)もの、つまり、イーサリアム(ETH)を1万円分購入します。

 

 

今後も継続して検証していきます。

 

関連記事です。

 

私が尊敬する与沢翼さんは、仮想通貨で12億円の大成功を収めています!

ここ最近またテレビ等のメディアで目にすることが多くなってきましたね。

与沢翼さんについては、賛否両論あるかもしれませんが、結果を出している点は評価しても良いと思います。

 

新!秒速で1億円稼ぐ方法!与沢翼さんの魅力と仮想通貨


 

いつもご覧いただきありがとうございます。
一日一回、ネコ顔をクリックしていただけると大変ありがたいです。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログへ

最新記事はこちらからどうぞ!

 


2018年09月14日


VIC(ビク)です
私は毎月、できる限りリスクを抑えた投資をするために、インデックス投資信託や海外ETFを積立購入しています。 9月はどの投資信託を購入するか、確認します。



1 9月の積立購入金額は10万円


私は、できる限りリスクを抑えながら資産を運用したいので、ポートフォリオ運用を行っています。


あわせて読みたい以前の記事

利益を出し続けていけるか、VICのポートフォリオ運用ルール



私の2018年の金融資産の全体の目標は、年間140万円投資する、
つまり、資産を約720万円以上にすることとしています。

しかし、この金額は既に超えています。


それでは、今月はいくら投資するか。


ここで忘れてはいけない大事なあの言葉、

バーゲンセールになったときに、靴下を買いだめするように資産を購入する。

つまり、「評価損益が悪いときに多く買う」を実行します。


8月の時点で評価損益が悪かったものを多めに購入します。

8月に評価損益が悪かったもの、
・新興国株式 マイナス11.0%
・先進国債券 マイナス3.2%
でした。

よって、新興国株式と先進国債券をちょっと多めに購入します。

また、日本国債がポートフォリオの中で少なくなってしまっているので、これも多めに購入します。

9月はこれらを多めに購入して、合計で10万円を積み立てます。



2 9月に積立購入する具体的な金融商品は


具体的に積立購入する金融商品は次のとおりです。

Screenshot_20180909-090927

私が使っている証券会社である、SBI証券の積立の設定画面です。
(ちなみに、「iDeco」や自動売買システムによる資産の購入は、別途行っています。)

一番下のところにある、先月まで積立購入していた「SBI-EXE-i つみたて新興国株式ファンド」が、「SBI・新興国株式インデックスファンド」に名称変更となっています。

以前お知らせしたとおり、信託報酬が安いことには変わりはないようです。
以前の記事


ちなみに、投資信託の積立投資はゆっくりと資産を大きくする方法です。

もっと早く資産を築きたい!という人は個別銘柄を売買するのがよいでしょう。
個別銘柄の選び方は「億り人」を参考にしましょう!こちら。

億り人投資家に聞く。個人投資家が勝つためには。v-com2さんインタビュー



いつもご覧いただきありがとうございます。
一日一回、ネコ顔をクリックしていただけると大変ありがたいです。
よろしくお願いします
にほんブログ村 株ブログへ

最新記事はこちらからどうぞ!





2018年09月12日


VIC(ビク)です。


ちょっと前には資産が1億円超えた人、いわゆる「億り人」をたくさん生み出した仮想通貨。

私が尊敬する与沢翼さんは、仮想通貨で12億円の大成功を収めています!


あわせて読みたい以前の記事
新!秒速で1億円稼ぐ方法!与沢翼さんの魅力と仮想通貨


しかし、「仮想通貨のピークは過ぎた」という人も多い中、今でも稼ぐことは可能なのか、もう時代遅れなのか、毎月検証しています。



1 毎月検証する仮想通貨はこれ!

私は3種類の仮想通貨を購入しています。


あわせて読みたい以前の記事
見向きされない今こそ仮想通貨!VICが8月に買った仮想通貨!



購入した3種類の仮想通貨の評価損益は次のとおりです。

Screenshot_20180910-204822

〇ビットコイン(BTC)

2009年に初めて登場した仮想通貨です。
1番有名な仮想通貨ですね。
評価損益:-10.19%


〇イーサリアム(ETH)
スマートコントラクト、言わゆる契約情報を付加できる仮想通貨です。
評価損益:-59.02%


〇リップル(XRP)
送金速度が早く、銀行送金技術を担う可能性を秘めた仮想通貨です。
評価損益:-32.44%


3つの中で評価損益が一番良かったのは、
ビットコイン(BTC)ですね。
でも、マイナスです。

評価損益が一番悪かったもの、つまり割安となっていたのはイーサリアム(ETH)-59.02%ですね。




2 仮想通貨の購入は靴下の購入と同じ

投資の大原則は、「安く買って、高く売る」。


買いたい金融商品を割安な時に多く仕込むことが重要です

例えるなら、バーゲンセールになった時に靴下を買いだめするようなものです。


金融商品の買い方
靴下


購入する仮想通貨は評価損益が1番悪かった(割安であった)もの、つまり、イーサリアム(ETH)を1万円分購入します。



今後も継続して検証していきます。



いつもご覧いただきありがとうございます。
一日一回、ネコ顔をクリックしていただけると大変ありがたいです。
よろしくお願いします
にほんブログ村 株ブログへ

最新記事はこちらからどうぞ!






2018年08月16日


VIC(ビク)です
私は毎月、できる限りリスクを抑えた投資をするために、インデックス投資信託や海外ETFを積立購入しています。 8月はどの投資信託を購入するか、確認します。



1 8月の積立購入金額は10万円


私は、できる限りリスクを抑えながら資産を運用したいので、ポートフォリオ運用を行っています。


あわせて読みたい以前の記事

利益を出し続けていけるか、VICのポートフォリオ運用ルール



私の2018年の金融資産の全体の目標は、年間140万円投資する、つまり、資産を

(1) 約720万円

以上にすることとしています。

以前お示ししたように、私の7月の金融資産は、評価額ベースで、

前月比7%増の約745万円となったVICの7月の金融資産


(2) 約745万円

でした。目標を超えていますね。
これは「ドトール・日レスHD」の株価が下がった際に、300株まで買い増ししためです。

年末までに株価が上がれば300株のうち200株は売ろうと思ってます。

よって、200株分の約40万円はないものと考えます。

約745万円から約40万円を引くと、

(3)約705万円です。


(1)ー(3)の差額の約15万円を12月までに投資しなければなりません。


それでは、今月いくら追加投資するか。

それは、約15万円を8月から12月までの5ヶ月間で割ると、最低でも月約3万円の積立が必要です。


ここで忘れてはいけない大事なあの言葉、

バーゲンセールになったときに、靴下を買いだめするように資産を購入する。

つまり、「評価損益が悪いときに多く買う」を実行します。


7月の時点で評価損益が悪かったものを多めに購入します。

7月に評価損益が悪かったもの、
・新興国株式 マイナス約7.6%
・先進国債券 マイナス約3.4%
でした。

よって、新興国株式と先進国債券をちょっと多めに購入します。

また、日本国債がポートフォリオの中で少なくなってしまっているので、これも多めに購入します。

8月は合計で10万円を積み立てます。



2 8月に積立購入する具体的な金融商品は


具体的に積立購入する金融商品は次のとおりです。

Screenshot_20180812-075004

私が使っている証券会社である、SBI証券の積立の設定画面です。
(ちなみに、「iDeco」や自動売買システムによる資産の購入は、別途行っています。)

一番下のところにある、「SBI-EXE-i つみたて新興国株式ファンド」が、以前お知らせしたとおり、信託報酬が脅威の安さであることから選定した銘柄です。
以前の記事



いつもご覧いただきありがとうございます。
一日一回、ネコ顔をクリックしていただけると大変ありがたいです。
よろしくお願いします
にほんブログ村 株ブログへ

最新記事はこちらからどうぞ!